ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

格好良くて高機能なクライミングシューズが「So iLL」!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クライミングシューズは、もっとファッショナブルでなければ。と、一念発起してつくられたのが「So iLL」。

レトロなシューズデザインから着想を得て開発されたものですが、スペックにもこだわりあり。まずはこの写真から。

RUNNER(LV)

これは、古いランニングシューズを参考にデザインされたもので、強傾斜向き。そのほかフラットなモデルも。

THE BOWLER

ネーミングから推察できる通り、ボーリングシューズがもとになっています。

Kick(LV)

こちらはサッカーシューズから。

その他ブラックで統一されたシックな選択肢もアリ。

THE STREET

どれもマジックテープで固定するベルクロタイプ。

とくに従来と違うのは、靴底などに使用されているラバーがカラフルなところ。しかもこれ、米海軍特殊部隊「Navy Seals」のために開発され、公式に採用されている素材とのこと。これまでにない試みだそうです。

粘り強さが特徴で、その名も「Dark Matter(暗黒物質)」。強烈!

Kickstarter」にはその他の種類も紹介されてます。すでに目標金額は達成しており、2016年6月の配送開始を予定。

アメリカ国内なら、もっとも手頃な「THE BOWLER」が送料込み69ドル(約7,700円)で事前予約可能。そのほかも各種選択できますが、日本から購入する場合は、159ドル(約18,000円)のInternational Optionからとなります。価格は一択ですが、種類はどれでも選べる模様。サイズも幅広く取り揃えており、合わなかった場合は交換してくれるとも。その他の詳細はコチラから確認できます。

既存の製品と比べても比較的手に入れやすい価格帯。その実力のほどは試して見るほかありませんが、なによりスニーカーとして現れてもグッときそうな格好が魅力的ですよね。

Licensed material used with permission by So iLL(HP),So iLL(Kickstarter)

関連記事リンク(外部サイト)

ゲームみたいに遊べる「デジタルクライミング」が楽しそう(動画あり)
廃墟化したスタジアムで撮影された「BMXムービー」。実はライダーにとって思い出の場所だった・・・
マイペースに続けられる!週末トレイルランニングのススメ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP