ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ノートの切れ間に星空が輝く☆16歳が独学で描いた“立体アート”がすごい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

立体に見えるこちらの作品は、ブラジルに暮らす16歳の男の子、Joao Carvalhoさん紙に描いたイラストなんです。

ブルーの罫線をぐにゃりと曲げ、シェーディングを施すことで、3Dのように見せています。

使っているのは、色鉛筆や絵の具など一般に売られている道具で、特別なものはありません。

・ファンタジーあふれる世界☆

ノートの切れ間の先には、真っ青な海と星空が…。

紙の柔らかさも表現され、手を伸ばせばそのまま奥に行けそうです☆

罫線の曲線で、船が水の上を漂う様が見事に表現されていますね。

有名キャラも、その場にいるかのよう!

・なんと独学!

こんな絵を私も描けたらと思いますが、Carvalhoさんは独学でテクニックを身につけたのだそう。3Dイラストは、まだ描き始めて1年しか経っていないというから驚きです。

次々と新作がアップされているので、気になった方はぜひチェックしてみて!

Facebook
https://www.facebook.com/naslinhasdocaderno

・アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP