ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

無人自動運転ロボが最速ルートでピザをお届け!ドミノが豪で試運転中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

街中を走るピザ宅配のバイクが、ロボットに置き換わる日はそう遠くないかもしれない。

世界60カ国超でチェーン展開しているドミノ・ピザがこのほど、宅配用の無人自動運転ロボの詳細を明らかにした。実用化に向け、現在オーストラリア・クイーンズランド州で試験運転中という。

・最速ルートを検索して配達

「DRU」と呼ばれるこのロボット、焼きたてのピザと冷たい飲み物をそれぞれ別に収納するコンテナを備え、4輪で動いて配達する。

最大時速は20キロで、センサーやGPS追跡機能などを搭載。最速ルートを検索し、障害物をよけながら目的地まで無人で走行する。

・DRUを世界に

開発にあたっては、オーストラリアのスタートアップ「Marathon Robotics」と協業している。

現在は全自動で正しく機能するかをチェックしている段階で、このほど公開した動画ではDRUが無事にピザを配達し、仕上がりは順調なようだ。

今後のDRU投入計画はまだ明らかではないが、ドミノは「世界に広げたい」と意気込んでいる。

ロボットを使ったサービスは、ホテルでロボがルームサービスなどを届けたり、アマゾンがドローンを使った配送サービスを準備中だったりと、ホットになりつつある。

さまざまな業界で省人化の動きが加速していく中、ピザ宅配ロボも珍しいものではなくなりそうだ。

ドミノ・ピザ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP