ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヤクザの源流は室町時代のカブキ者 明治期に近代の原型誕生

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今日、ヤクザは暴力を背景にした反社会的集団とみなされている。しかし、かつては体制側が権力を移譲し、その“力”を利用した歴史があった。ヤクザの親分を父に持つ作家・宮崎学氏が日本のヤクザの歴史について解説する。

 * * *
 現在では強固な組織的な基盤を持っているように見えるヤクザだが、歴史的に見ればそれはごく最近に限ってのこと。そもそもヤクザは社会に適合できない人たちが生きんがために自然発生的に集まり、その時代背景に合った形で集団を形成したものに過ぎない。昔から継承され、万世一系で今に至ったというわけでは、もちろんない。

 歴史上、ヤクザの源流と考えられるのは、室町時代から戦国末期に生まれたカブキ者である。カブキ者は、下剋上の時代に成り上がろうとした下級武士群のリーダーだった。彼らは数十人の足軽を率いて、雇い主の武将と契約交渉をしたり、集団内のトラブルの調整役を担ったりした。

 江戸時代になって戦乱がなくなると、幕府によって取り締まられ、「市井のならず者」に転落を余儀なくされていく。彼らカブキ者が一掃されて30~40年経つと、旗本奴や町奴という集団が登場する。

 旗本奴はカブキ者の堕落形態で体制側の無頼集団。それに対抗するカウンターパワーとして生まれたのが町奴である。

 町奴の指導者は失業武士が担っており、元になった集団は人足(力仕事に従事する労働者)の口入業に従事していた。いわば労働者派遣業の近世版といったところか。徳川幕府による大名の廃絶や減封という“行政改革”、泰平の世になったことによる藩の“リストラ”によって失業した武士の受け皿になったのが町奴であった。

 彼らは支配階級に対する反抗を旨とし、暴力装置を独占していた武士を模倣して、武士の実力が直接及ばないような領域、すなわち町人自治の領域を担った。しかし、これも幕府による度重なる「奴狩り」に遭って衰退、解体されてしまう。

 そのあと登場したのが、町火消しである。江戸中期以降の火消しは、武家火消しと町火消しに分かれており、前者が支配階級の特権意識を持った集団だったのに対し、後者は市民兵的自衛意識を持っていた。町火消しは町奴の精神を受け継ぎながら、武家火消しと対抗したのだ。

 町火消しは遊興の徒ではなく、普段は大工・鳶・左官などの職人として働いていたため、高所の作業を伴う火消しに適役だった。火消しという勇気・胆力を必要とする危険な作業であることが義侠心を育て、町火消しは運命共同体的侠気集団になっていった。

 江戸後期に町火消し同様大きな集団をなしたのが、賭博を生業とする博徒である。博徒は上級藩士の雑用を担う「中間部屋」から発したもの、目明し(町役人に雇われ犯罪人の捜査・逮捕に従事した者。岡っ引き)から発したもの、地方の農村博徒から発したものなどがある。

 彼らはほかに職業を持たない専業アウトローとして、博奕を集結点にして集団を形成していった。江戸末期になると、博徒の目明しとの兼業を発展させ、体制側が博徒に十手を与えて警察力を代行させるようになる。

 江戸末期には労働力供給業者としてのヤクザである人入が発達した。明治期になると、産業化によって炭鉱、港湾での下層労働にも同じように労働者を統率するものが出てきた。その中で最も有名なのが近代ヤクザの原型といわれる北九州若松港の親分、吉田磯吉である。

 磯吉は筑豊炭田から若松港まで石炭を運ぶ船の船頭から始め、よそ者が大量に流入してくる炭鉱労働の現場でトラブルを回避し調停する役目も担うなどして、急速に力をつけていった。

 同様の形で全国に近代ヤクザが成立していく。山口春吉が神戸で立ち上げた山口組もその一つで、港湾での荷役など下層労働を仕切る形で成長していった。

●みやざき・まなぶ/1945年京都府生まれ。早稲田大学法学部中退。週刊誌記者などを経て1996年、自伝『突破者』がベストセラーに。著書多数。近著に佐藤優氏との共著『戦争と革命と暴力』(祥伝社刊)がある。

※SAPIO2016年4月号

【関連記事】
任侠映画の乱造 社会にヤクザ礼賛の空気形成する援護射撃に
ヤクザ100人調査 生まれ変わってもヤクザになりたい率判明
ヤクザ食生活調査「たいてい吉野家かすき家」と豪語の組員も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP