ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

きみまろセレクト 五郎丸ポーズで謝る亭主の哀しい川柳

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年6月に発売された『きみまろ「夫婦川柳」傑作選』が好評で増刷に次ぐ増刷となった綾小路きみまろ(65才)。そしてこの3月には第2巻の発売となった。そこで、収録されている240句から、オススメの一句をきみまろ本人が紹介する。

【「五郎丸ポーズ」 そっくり 亭主わび】

 珍しい名字と独特のルーティーンで注目されたラグビー日本代表の五郎丸歩選手。名字のルーツは福岡県で、全国でも1000人程しかいない珍しい名字だそうです。

「五郎丸って、最後に『丸』が付いてるということは『真田丸』の親族?」

 違います! NHK大河ドラマの『真田丸』は名字ではなく、真田幸村が作ったお城のことです。

 話を五郎丸さんに戻しましょう。「名字は少ないけど、あのポーズで奥様に謝ってる亭主は何百万人もいるよ」。これには、もろ手をあげて「同感!」のご主人も多いと思います。

 テニスプレーヤー錦織圭選手の名言に「勝てない相手はもういない」がありますが、世の奥様にとっては「勝てない亭主はもういない」です。

 新婚の頃はご主人も強気でしたし、奥様もおしとやかで、しおらしい風情も見せておりました。

 しかし、あれからウン十年!

「今の女房には絶対に勝てない…」

 わびながら、わびしい気持ちでいっぱいのご主人なのです。

※女性セブン2016年3月31・4月7日号

【関連記事】
きみまろ川柳最新作「早過ぎる! 8.6秒 バズーカー?」
ラグビー代表・五郎丸 妻と長男の運動会での団らんショット
綾小路きみまろ 祖母に「姥捨山読んで」とせがむ鬼孫を語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP