ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ショーンK氏の経歴詐称騒動にどうコメントすべきか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テレビで活躍していたテレビコメンテーターの経歴詐称が発覚した。あなたならこの事件にどうコメントするか。大人力コラムニストの石原壮一郎氏がお勧めコメントを考える。

 * * *
 またまた文春砲が炸裂いたしました。3月16日発売の「週刊文春」が、「報道ステーション」や「とくダネ!」にコメンテーターとして出演していたショーン・マクアードル川上氏の経歴詐称疑惑をスクープ。記事では、本人もその事実を一部認めています。

 人気急上昇中のイケメン経営コンサルタントの運命は、一瞬にして暗転。すべての活動を自粛し、出演中の番組を降板。4月からはフジテレビの深夜で大型報道情報番組のメインキャスターを務めることになっていましたが、その話もチャラになりました。

 こう言うと失礼かもしれませんが、多くの視聴者にとって“ショーンK”氏は、「顔は見たことあるけど、そういう名前だってことは今回の騒動で初めて認識した」という程度の微妙な存在です。それなのになのか、だからこそなのか、しばらくは「ちょうどいい世間話のネタ」として、いろんな場面で話題にされるに違いありません。

 大人として、今回の経歴疑惑騒動をどう語ればいいのか。人は、とくに大人は、何かを語るときには、必ず「見られたい自分像」をイメージしています。コメンテーターとして活躍していた彼にちなんで、目的に応じたコメントを考えてみましょう。

 その1【メディアと冷静なスタンスで接している知的な人に見られたい】

「キャスターやコメンテーターなんて、もっともらしいことを言うのが仕事なんだから、適当な経歴でもっともらしさを演出するのは、べつにいいんじゃないの」

 根底に「テレビなんてそんなもの」というシニカルな視点を漂わせつつ、どうでもいいスキャンダルに振り回されないという大人の落ち着きを醸し出せます。まあ、真面目が取り柄というタイプの人からは「ウソを擁護するのか!」と怒られそうですけど。

その2【世の中を幅広い視点で見ている懐が深そうな人に見られたい】

「イケメンで成功していることへのヤッカミが根底にあったから、そういう人が一気に転落していく様子が、テレビ的にも視聴者的にもウケるんだろうね」

 騒動全体をちょっと離れた場所から眺めて、鋭い指摘をしているように聞こえるでしょう。ただ、よく聞くとたいしたことは言っていないので、図らずも底の浅さが露呈するリスクも。「オレも気をつけなきゃ」と付け加えると、オチャメな一面を強調できます。

その3【そのへんの一般大衆とは違うけど気さくなオレに見られたい】

「基本的にテレビ見ないからあの人のことは知らなかったけど、ジョン・カビラさんとは別人なんだよね。えっと、楽天カードマンは、川平慈英さんだっけ」

 ここで言いたいのは「基本的にテレビ見ないから」というフレーズで、あとは付け足しに過ぎません。ただ、「特別なオレ」を演出したいという本人の思いとは裏腹に、たいていの場合は、そんなことが自慢になると思っている勘違いっぷりを鼻で笑われるだけです。

その4【情報に敏感で物事を客観的に論評できる自分に見られたい】

「政治家でも経歴を盛っている人っていっぱいいるらしいよね。A倍さんとかA生さんとかも噂になってるし、きっと今ごろヒヤヒヤしてんじゃないの」

 今回の騒動を受けて、早くもネット上では大物政治家たちの「経歴詐称疑惑」が取り沙汰されています。「本当に批判されるべきは誰か」を語ることで一目置かれそうですが、単に面白いからショーンK氏を話題にしている人からは「無粋なヤツ」と思われるかも。

その5【ちゃんとした人に見られたい】

「そういうことがあったんだ。へー」

 ちゃんとした人に見られたければ、どんな言い方でも、こうしたネタについて何かもっともらしいことを語った時点で台無しです。もちろん、面白くない人とか世間に疎い人という印象も与えてしまうので、そのへんの兼ね合いを考えつつお使いください。

 状況やニーズに合わせて繰り出すもよし、周囲の人やワイドショーのコメンテーターで似た言い方をしている人がいたら「なるほど、こう見られたいんだな」とこっそり納得するもよし。いろんな形でご活用いただけたら幸いです。

 もしショーン川上氏が、自分のことは明らかになっていないままコメンテーターやキャスターを続けていて、別の人の経歴詐称疑惑について意見を求められたら、どうコメントしていたでしょうね。またいつか何らかの形でご活躍なさることをお祈り申し上げます。

【関連記事】
元グラドル佐々木理江候補 銀靴&銀ダウン&緑ジャンパー姿
NEWSポストセブン「コメント欄」運用開始 活発な議論の場に
中国の豚骨スープと喫煙に関するあまりにもひどいジョーク

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP