ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

異国情緒を体感!家族で楽しめる神戸のスポットを大紹介!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

港はその国の、海外との玄関口。神戸にある異人館や中華街を訪れてみればみれば、異国情緒を体感できますよ。

そのほかにも、自然を満喫できる公園や牧場、お天気があまりよくないときでも安心の屋内施設まで、バラエティ豊かな楽しみ方ができる神戸のスポットを紹介しましょう。

神戸市立須磨離宮公園

アスレチックで遊んだら

季節の花も見に行こう

大小の噴水と緑の芝生に、バラの花が彩りを添える 木製遊具を使って思いっきり体を動かそう

梅の上品な香りが春の訪れを感じさせてくれます

かつての皇室の別荘、武庫離宮跡に作られた公園。大阪湾を一望できる欧風噴水庭園のバラをはじめ、ボタン、ハナショウブなど四季折々の花が咲き誇ります。子供たちに一番人気なのは、28基のフィールドアスレチックが楽しめる「子供の森」。

2月11日~3月6日は、約25種170本の梅の花を観賞できる「梅見会」。「甘酒のふるまい」や「梅見茶会」、「梅見の調べ(箏の2重奏とフルート)」など様々なイベントがあります。

おすすめポイント

3月~4月は春の子供まつり、7月~10月は「離宮で遊ぼう!センティーレ!」を開催。春の子供まつり期間中は中学生以下の入園料は無料!週末には子供向けのさまざまなイベントが催され、プレゼントがもらえることも♪ 神戸市立須磨離宮公園

TEL/078-732-6688

住所/兵庫県神戸市須磨区東須磨1-1

営業時間/9時~17時(入園は16時30分まで)※主に夏季や紅葉シーズンに夜間開園を実施

定休日/毎週木曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)※花の見頃や展示会期間中は臨時開園アリ

料金/入園料:大人(高校生以上)400円、小人(小・中学生)200円

アクセス/電車:山陽電車「月見山駅」「須磨駅寺」徒歩10分、山陽電車「東須磨駅」徒歩10分(東門まで)

車:阪神高速神戸線「月見山IC」より約1200m、第二神明道路「須磨IC」よりすぐ

駐車場/須磨離宮公園駐車場(272台)・植物園駐車場(予約制、乗用車のみ22台)アリ:乗用車500円、二輪車100円、バス(長さ5m以上)2000円

「神戸市立須磨離宮公園」の詳細はこちら

神戸北野異人館

驚きと発見がいっぱいの異人館をめぐろう!

外壁を覆う天然石は、本当に魚のうろこみたい!<うろこの家(旧ハリヤー邸)>

ロンドンのホームズクラブからもお墨付き♪

コナンドイルが書いた小説・シャーロックホームズに描写されたホームズの部屋を再現!

<英国館(旧フデセック邸)>

2.6mのホッキョクグマなど、剥製の猛獣・珍獣が所狭しと陳列されている。異人館というよりも、もはや博物館!<ベンの家>

神戸三宮、山手側の北野エリアには、明治~大正時代に建てられた異人館が点在しています。「うろこの家・旧ハリヤー邸」は、神戸で最初に公開された異人館。アンティークな家具や高級な磁器などを展示しています。

シャーロック・ホームズの部屋が再現された「英国館」では、ホームズの衣装を着て名探偵に変身!「ベンの家」では、ホッキョクグマなどのはく製が待っていますよ♪

おすすめポイント

女の子には、「北野外国人倶楽部」での貸ドレス記念撮影が人気。異人館8館分の入館券を買うと、無料でついてくるサービスです。旅の思い出にプリンセスになりきってみては? 神戸北野異人館

TEL/078-251-8360(北野観光案内所)

住所/兵庫県神戸市中央区北野町3-10-20(北野風見鶏の館前)

営業時間/3月~10月:9時~18時、11月~2月:9時~17時

定休日/年中無休(年末年始は時間短縮)

料金(入館料)/うろこの館:1050円、ベンの家:550円、英国館:750円

アクセス/電車:各線「三宮駅」徒歩15分・「新神戸駅」徒歩15分、バス:シティーループにて「北野異人館」下車徒歩5分

駐車場/なし

「神戸北野異人館」の詳細はこちら

南京町

食欲をそそる香りに誘われて

チャイナタウンで食べ歩き

神戸では定番の記念撮影スポット「長安門」

反対側に位置する「西安門」でも記念撮影を忘れずに♪

春節祭や中秋節ではメイン会場として賑わう「南京町広場」

本格中華料理からテイクアウトフードまで味わえる

横浜、長崎と並ぶ日本三大チャイナタウン。東西約270m、南北約110mのエリアに、100軒以上の飲食・雑貨・食材店がズラリ。テイクアウトメニューを購入し、南京町広場でひと休みもいいですね。広場では、3月21日(月曜日・祝日)・27日(日曜日)、4月3日(日曜日)の三日間は興隆春風祭。伝統芸能のパフォーマンスがあります。

おすすめポイント

横浜中華街に比べると、それほど規模も大きくなく、ぶらぶら歩いても1時間あれば回れちゃいます。子供と一緒なら、混雑する曜日や時間帯を避け、あまり行列していない店を選びましょう。 南京町(南京町商店街振興組合)

TEL/078-332-2896

住所/兵庫県神戸市中央区栄町通1-3-18

営業時間/店舗により異なる

定休日/店舗により異なる

アクセス/電車:地下鉄山手線「県庁前駅」徒歩7分、JR神戸線・阪神電車「元町駅」徒歩5分、地下鉄海岸線「旧居留地・大丸前駅」徒歩2分

車:阪神高速道路「京橋IC」より5分 ※南京町内は車両通行禁止

駐車場/周辺のコインパーキングなどを利用

「南京町」の詳細はこちら

神戸市立六甲山牧場

アルプスみたいな風景の中

羊たちとたわむれよう

牧羊犬が次々に羊を追い込んでいく様子は圧巻!

羊やヤギにエサをあげたり、なでなでしてみよう

小さな子供も参加できる羊のマスコット人形作り体験。かわいい♪

北欧風のマンサード型の牛舎や赤煉瓦のサイロ、乳牛や羊などが放牧されている光景は、まるでアルプスのよう。シープドッグショーを見られるほか、羊やヤギたちともふれあえます。ポニーや木曽馬などの乗馬体験もおすすめ。牧場で刈り取った羊毛を洗い、梳いたものを使って、羊のマスコット人形やフェルトのクラフト作り体験もできます。

おすすめポイント

授乳施設やおむつ交換ができるトイレも各所に完備。場内は勾配があるので、ベビーキャリアか抱っこ紐の利用がおすすめ。ベビーカー利用の場合は、南駐車場が便利。 神戸市立六甲山牧場

TEL/078-891-0280(六甲山牧場 管理事務所)

住所/兵庫県神戸市灘区六甲山町中一里山1-1

営業時間/9時~17時(入場は16時30分まで) ※延長開場:4月~10月の土日祝は17時30分まで(8月は毎日17時30分まで)

定休日/4月~10月:無休、11月~3月:火曜日(祝日の場合は翌日休み ※2016年3月22日・29日は臨時営業)、年末年始(2016年12月29日~2017年1月3日)

料金/入場料:大人500円、小・中学生200円、幼児(小学生未満)無料

アクセス/電車:六甲ケーブル、スカイシャトルバスを乗り継ぎ、停留所「六甲山牧場」下車すぐ

車:表六甲ドライブウェイ、裏六甲ドライブウェイを利用

駐車場/北駐車場(318台)、南駐車場(264台)、西臨時駐車場(218台): 普通車500円、単車100円、バス(マイクロバスを含む)2000円

「神戸市立六甲山牧場」の詳細はこちら

アメイジングワールド ジェームス山店

寒くても雨でもへっちゃら

楽しい遊びがいっぱい!

「よちよちパーク」にある、赤ちゃん専用のボールプール。他のフロアよりもクッション性のある床でおもいっきりハイハイもできます。♪ 飛んだり、跳ねたり、キッズはもう夢中!からだをいっぱい使って遊ぶ「ふわふわワールド」

ヨーイドン!誰が一番にゴールするかな?

2才以下のキッズと、その家族が遊べる屋内型遊戯設備。一度会員になれば、全国7カ所にある同施設で遊べます。思いっきり飛び跳ねて遊べるふわふわワールド、ダンスやステージショーの参加型ステージや工作教室が楽しめるイベント広場、ハンドルを動かすだけで前に進むプラズマカーのレースなど、お楽しみがいっぱい。

おすすめポイント

0~2才限定のコーナーもあるので、ベビーも安心して遊べます。オムツ替えや授乳ができるスペースも完備されていてうれしい。 アメイジングワールド ジェームス山店

TEL/078-755-1788

住所/兵庫県神戸市垂水区青山台7丁目6-1 ケーズデンキジェームス山店2階

営業時間/通常営業日:10時~18時、特別営業日(夏休み期間):10時~19時 ※最終入場は閉店1時間前まで

定休日/不定休

料金/会員登録料:330円(1家族)、入場料:1DAYパス1050円・1時間パス530円 ※小人も大人と同料金(0歳のお子様は無料)

アクセス/電車:JR山陽本線「垂水駅」よりバス15分、山陽電鉄本線「山陽垂水駅」よりバス15分

車:第二神明道路「名谷IC」から250m

駐車場/無料(330台)

「アメイジングワールド ジェームス山店」の詳細はこちら

まとめ

以上、キッズにおすすめ神戸のお出かけスポットを紹介させていただきました。お気に入りのスポットは見つかりましたか? ぜひお出かけの参考にしてみてください。

※この記事は2016年2月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

無料で遊んで学べる!大人も子どもも楽しい0円学習スポット【愛知】
話題のイケメンゴリラにも会える!東海のおすすめ動物園・水族館
赤ちゃん連れの旅行も楽しめる♪東北おすすめの宿3選【東北】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP