体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

異国情緒を体感!家族で楽しめる神戸のスポットを大紹介!

南京町

港はその国の、海外との玄関口。神戸にある異人館や中華街を訪れてみればみれば、異国情緒を体感できますよ。

そのほかにも、自然を満喫できる公園や牧場、お天気があまりよくないときでも安心の屋内施設まで、バラエティ豊かな楽しみ方ができる神戸のスポットを紹介しましょう。

神戸市立須磨離宮公園

アスレチックで遊んだら

季節の花も見に行こう

神戸市立須磨離宮公園 大小の噴水と緑の芝生に、バラの花が彩りを添える神戸市立須磨離宮公園神戸市立須磨離宮公園 木製遊具を使って思いっきり体を動かそう 神戸市立須磨離宮公園

梅の上品な香りが春の訪れを感じさせてくれます

かつての皇室の別荘、武庫離宮跡に作られた公園。大阪湾を一望できる欧風噴水庭園のバラをはじめ、ボタン、ハナショウブなど四季折々の花が咲き誇ります。子供たちに一番人気なのは、28基のフィールドアスレチックが楽しめる「子供の森」。

2月11日~3月6日は、約25種170本の梅の花を観賞できる「梅見会」。「甘酒のふるまい」や「梅見茶会」、「梅見の調べ(箏の2重奏とフルート)」など様々なイベントがあります。

おすすめポイント

3月~4月は春の子供まつり、7月~10月は「離宮で遊ぼう!センティーレ!」を開催。春の子供まつり期間中は中学生以下の入園料は無料!週末には子供向けのさまざまなイベントが催され、プレゼントがもらえることも♪ 神戸市立須磨離宮公園

TEL/078-732-6688

住所/兵庫県神戸市須磨区東須磨1-1

営業時間/9時~17時(入園は16時30分まで)※主に夏季や紅葉シーズンに夜間開園を実施

定休日/毎週木曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)※花の見頃や展示会期間中は臨時開園アリ

料金/入園料:大人(高校生以上)400円、小人(小・中学生)200円

アクセス/電車:山陽電車「月見山駅」「須磨駅寺」徒歩10分、山陽電車「東須磨駅」徒歩10分(東門まで)

車:阪神高速神戸線「月見山IC」より約1200m、第二神明道路「須磨IC」よりすぐ

駐車場/須磨離宮公園駐車場(272台)・植物園駐車場(予約制、乗用車のみ22台)アリ:乗用車500円、二輪車100円、バス(長さ5m以上)2000円

「神戸市立須磨離宮公園」の詳細はこちら

神戸北野異人館

驚きと発見がいっぱいの異人館をめぐろう!

神戸北野異人館 外壁を覆う天然石は、本当に魚のうろこみたい!<うろこの家(旧ハリヤー邸)>神戸北野異人館
1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。