ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

母になった妻、父になりきれない夫…衝突し譲り合いながら、次第に夫婦仲も良好に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2011年12月に、自分たちの夫婦にとって初めての子供が生まれました。

希望通りの女の子で、特に病弱ということもなく健康。

このように書くとすべて順調のように聞こえるかもしれませんが、それは誤解です。

隣の芝生は青く見えるように、他の夫婦はよく見えるものなのです。

子どもが生まれてからしばらくの間は、お互い様々な不満が爆発し、夫婦間での喧嘩が増えました。

私としては、今までのように妻が相手をしてくれず子供の相手ばかりしていることに不満が出てくるわけです。

一方、妻としては子供を第一に考えるのが当然になります。

何故ならそれが母親だから。

これから父親になる人はぜひ知っておいてください。

2人のときお互い向き合っていた夫婦でも、子どもが生まれた時から、妻は子供が1番大事、夫は2番手に降格します。

いや、ペットがいる場合は3番手ぐらいかもしれません…。

妻と母の違いはと問われれば、子どもの相手を第一に考えるかそうでないかの違いだと私は答えるかもしれません。

妻は子供が生まれた時から母になるのですね。

夫側としては、最初はこの事実がなかなか受け入れられません。

妻としても私に不満も持ちます。

パソコンばかりに向かっている私に不満を持ちます。

そんな時間があるなら育児をもっと手伝ってよということなのです。

私は眠いのにあなたばかり寝ていないでよとも言われることもありました。

それが仕事の休みの日に、いつもより1時間多く寝ただけでもです。

育児の大変さを頭でわかっていても、父親は母親と違いすぐには父親になれません。

少なくとも私には無理でした。

そんなことが原因で喧嘩になったことは何度もあります。

子供ができて冷める夫婦というのは、お互いの主張が強すぎてぶつかり合い、お互いそれを譲り合わないからなのかもしれませんね。

父親としては仕事があります。

ですが現代は仕事一色の時代でもなく、父親が積極的に育児に参加する時代です。

まあ、私の育児は育児とは言えないかもしれませんが、そんな葛藤を抱えながら、少しずつ子供の面倒を見るようになりました。

夫婦仲も次第に良くなってきました。父親の大変さというものを子供ができて初めて学ぶのだと思いました。

著者:このこのこのこ

年齢:39歳

子どもの年齢:3歳

下手くそながらも父親になって早3年が過ぎました。現在は2人の娘の父。仕事と家庭を両立させることを目的に毎日奮闘中!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

赤ちゃんはわかってる!夫婦ゲンカを察する子供の様子に、家庭環境の大切さを実感
ボタンの掛け違いから、夫も私も孤独に…産後クライシスの解決法、冷静に分析してみた
それって気遣いのつもり?!産後の妻をわかってない夫とのやりとりにイライラ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。