体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

万能過ぎる台湾ミンチの実力を限界まで試してみた【台湾ミンチ】

f:id:Meshi2_IB:20160103111031j:plain

ラーメンからカレー、冷や奴、ご飯まで合う万能アイテム

名古屋のご当地麺、台湾ラーメン。東京にも人気が飛び火した「台湾まぜそば」や最近地元では「台湾カレー」なるアレンジメニューが登場した。

また、以前こちらでご紹介した多治見の『鉄板焼そば わが家』では「鉄板台湾焼そば」や「台湾旨辛鍋」などが大人気だ。これらの特徴は、何といっても「台湾ミンチ」と呼ばれるピリ辛のミンチだろう。

実は『メシ通』でレポートした「鉄板焼そば わが家」での取材終了後、店主の服部光晴さんからお土産に台湾ミンチをいただいた。

f:id:Meshi2_IB:20160103110727j:plain

それをインスタントラーメンにのせただけで、巷の中華料理店よりも旨い台湾ラーメンが出来たのである。

f:id:Meshi2_IB:20160103110808j:plain

冷奴にのせて「台湾冷奴」にしたり……

f:id:Meshi2_IB:20160103110827j:plain

カレーに卵黄、ネギとともにのせて「台湾カレー」にしたり…

f:id:Meshi2_IB:20160103110852j:plain

白ご飯に卵黄とネギ、鰹節、刻みネギとともにのせて「台湾丼」にしたり。

f:id:Meshi2_IB:20160103110905j:plain

どれもメチャ旨だった。そこで一つの仮説を立てた。

「ひょっとして、台湾ミンチこそ本当に何にでも合う万能調味料じゃね?」

市販のカップラーメンとの相性を試してみた

仮説を実証してみたい。なんたって万能すぎるアイテムなのだから。

とはいえ、どうやって台湾ミンチを入手すればよいのか。ネットで検索すると、焼肉のタレで有名なエバラ食品が「台湾拉麺の素」なる業務用の商品を販売していることがわかった。

f:id:Meshi2_IB:20160103110922j:plain

台湾ミンチの作り方はいたって簡単。炒めた豚ひき肉に「台湾拉麺の素」を適料合わせてひと煮立ちさせるだけ(分量は豚ひき肉2に対し、台湾拉麺の素1)。

f:id:Meshi2_IB:20160103110936j:plain

今回は「台湾拉麺の素」1本分(500ml)を使い、1kgの台湾ミンチを用意した。

f:id:Meshi2_IB:20160103110952j:plain

完成した台湾ミンチを試食してみたが、店で食べるのとまったく遜色はない。って、業務用だから当たり前か。

この台湾ミンチをいろんな食べ物にトッピングして、星の数で評価をしてみようというのが今回の企画である。もちろん評価はあくまで個人的なものなので念のため。

では、まずは小手調べ。有名ラーメン店の味を再現したカップ麺を台湾ラーメン化してみよう。

f:id:Meshi2_IB:20160103111009j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。