ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

写真のなかから「匂い」や「音」が・・・リアルすぎてたまらないフードフォト

DATE:
  • ガジェット通信を≫

えっ、写真なのに一部だけが不自然に動いてる。

誰もが「美味しい!」と思える料理写真の表現方法が、新しい時代に突入していることをその目で体感してみませんか?画像の一部だけを無限にループさせる、「シネマグラフ」の世界。思わずお腹が鳴っちゃうかも。

シズル感たっぷりの
おいしい“動く”写真

ふっくら重ねたパンケーキの上から、たっぷりかけたメープルシロップがぽたぽたとしたたり落ちる。まるで目の前に本物の料理があるかのような錯覚に陥りませんか?

静止画のなかの一部だけが永遠と動く、この不思議な画像。アニメーションやgif画像はこれまでにもありましたが、一部分だけに動きを与える斬新な技法。これがシネマグラフです。

思わず手がのびる
注ぎたての泡立ち

もともとは、ニューヨークで活躍するフォトグラファーらが2011年ごろより、ファッションフォトの幅を広げるテクニックのひとつとして、洋服の裾や髪の毛を風になびかせる技法としたのがオリジナルと言われています。

このシネマグラフを料理撮影に用いたのがロシア人フォトユニット「Kitchen Ghosts」のふたり(Daria Khoroshavina氏とOlga Kolesnikova氏)。一皿の料理ができあがるまでの調理の工程が分かりやすい!シネマグラフを使えば、レシピに目を通す必要さえなくなるかも!?

視覚で体感する
フレンチトーストの作り方

たとえば、シネマトグラフを用いた「フレンチトースト」の作り方を見てみましょう。目の前で実際に誰かに作ってもらっているような新鮮な感覚。

まずは、ボールに卵を割りいれて、

砂糖を加えてよく混ぜ合わせる。どうです、このリアルな手の動き。

パンに卵をたっぷり染み込ませる。このしたたる感じがよく再現されています。

フライパンでこんがり焼いて、完成!

どうです?ぷるんぷるんの卵の質感、ホイッパーでシャカシャカ泡立てる音、こんがり焼きあがった匂いが、画像を通して不思議と漂ってくる気がしませんか?

Licensed material used with permission by Kitchen Ghosts

関連記事リンク(外部サイト)

紙から文字が飛びでてくる!?トルコのグラフィックデザイナーが描く「3Dカリグラフィー」
ねこの寝床をつくったら「食パン」に飛び込んでいるみたいになりました。
こんなホテルが欲しかった!泊まれるアート「BnA Koenji」が東京・高円寺に誕生

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP