ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

廃棄する「パイナップルの葉」でバッグや靴ができるんです(しかも最後は土に還る!)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

動物のレザーや石油を使う合皮ではなく、天然資源を用いた繊維の開発は、今では国際的な課題と言ってもいいほど。そんななか、スペインの「ananas anam」が開発したのは、廃棄するパイナップルの葉を用いた「Piñatex™」という新素材。天然素材なので、最後は堆肥として土に還すこともできるそうです。

棄てるはずの「葉」が
バッグや靴へ!

繊維はパイナップル収穫の副産物とも言える「葉」の部分。本来は捨てるべきものですが、不織布をつくる資源として有効活用されています。

さらに、フィリピンのパイナップル農家にとっては第2の収入源にもなるので、「企業」「農家」「社会」のすべてにメリットがある関係性なのだそう。

パイナップル繊維で
持続可能な社会に

フィリピンには元々「バロン・タガログ」というパイナップル繊維でできた伝統衣装があり、そこに注目したのが「ananas anam」CEOでデザイナーのCarmen Hijosaさん。7年の開発を経て完成したPiñatex™は、汎用性、通気性、軽さ、柔軟性も高く、かつ簡単にプリントや裁断もできるそう。

資源を有効活用し、自然にも社会にも優しい「パイナップル繊維」。今後の展開にも注目していきたいですね。

Licensed material used with permission by ananas anam

関連記事リンク(外部サイト)

世界の衝撃的な「10の真実」。多くの人は気づいていない・・・
100%土に還る オシャレな使い捨て紙食器「WASARA」
軽くて強い 竹を使った「バンブーバイク」が世界の貧困国で走る日

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP