ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

支払いは募金箱、お金がなくてもお手伝いで一食タダ。10年以上も「NPOカフェ」が愛され続けるワケ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10年前の2006年、アメリカのデンバーに誕生した「SAME cafe」。当時、市としては初のNPO(非営利)レストランでした。そんな、募金やボランティアによって10年間も愛され続けきたSAME cafeの魅力とは?

料金は決まっていない

「SAME cafe」では、メニューの料金は決まっていません。レジの代わりに募金箱へ行き、余裕がある時は少し多めに支払います。お金がなければ、1時間ほど皿洗いや食事の準備、テーブルの片づけなどのボランティアをします。お金が払えないことは大きな問題ではないのです。

地元の食材を使った

オーガニックフード

いくつもの農家やスローフード団体、ボランティアコミュニティの協力があり、提供される料理はすべて地元のオーガニックフード。「健康的な食事」という観点も大事にしています。

ホームページに公開されていた、とある1日のメニューがコチラ。

・コーンビーフシチュー
・コルカノン(ケール入りマッシュポテト)
・コールスロー
・ピスタチオとクランベリーのサラダ
・ペストピザ
・ポテトピザ

12万5,000人以上が
カフェを利用

この10年でSAME cafeを利用したお客さんは、のべ12万5,000人を超えるそうです。「従業員は3人しかいないけど、みんながボランティアで手伝ってくれるから運営できている」とか。また、レストランのコンセプトも10年間ブレることなく一貫しています。

誰もが、経済的ステイタスに関係なく、尊厳を持って扱われながら、健康的な食事ができるチャンスを。

2016年7月31日には、10周年を祝うパーティーも開かれるとのこと。当初「続けるのは不可能では?」とも言われていたというSAME cafeですが、今ではデンバー市民にとって「なくてはならないレストラン」のようですね。

Photo by Hanna Quevedo
Licensed material used with permission by SAME Cafe

関連記事リンク(外部サイト)

世界の衝撃的な「10の真実」。多くの人は気づいていない・・・
100%土に還る オシャレな使い捨て紙食器「WASARA」
衝撃的な1枚の画像。地球上に「飲み水」は、たったこれだけしかない

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP