ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画「制作」ではなく、映画「製作」にスポットを当てた、これまでにない映画史。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画部にて「映画ジャーナリスト 斉藤守彦の ニュー斉藤シネマ1,2」を連載してくださっている、斉藤守彦さんの新刊が発売されています。タイトルは『映画を知るための教科書1912〜1979』(洋泉社)。

興行って何? 配給って何? 映画はどのようにして「生産」されるの? 
映画鑑賞法や映画制作のノウハウを綴った本は数あれど、「娯楽産業としての映画」を俯瞰する映画史は、これまでにありませんでした。
興行なくして映画なし。すべての映画ファンはもちろん、ビジネスマンや映画業界を志す若者も必読です! 
以下に、本の目次を転載します。

***

目次

はじめに

第一章 映画産業の基本

1 映画はいかにして生産されるか
 映画の成り立ち~企画のスタート
 企画と「組織」の問題
 多様化する企画の在り方
 今後の課題として

2 「製作」と「制作」の違いについて
 資金集めと映画作りの差

第二章 流通~配給と興行の歴史 日本の映画会社、その成り立ち

1 配給と興行、その俯瞰図
 興行、配給、営業

2 日本の映画産業、その黎明期
 映画産業の誕生
 世界恐慌と戦争
 日活の誕生から戦後のスタートまで
 大映の登場と戦後映画業界
 新東宝の挑戦と失敗
 後進・東映の総力戦

3 戦後の洋画配給の実態
 洋画のポピュラー化
 復活する映画業界

第三章 斜陽化のはじまりーー1960年代の映画業界

1 かくして成長は終わった
 激減する観客数
 怪獣、オリンピック、そしてやくざ
 ワンマン映画会社の迷走

2 洋画の躍進
 大ヒット作が連発
 残酷モンドに、ディズニー、007
 洋画配給事件簿

第四章 洋高邦低と拡大興行 一大娯楽産業の終焉~1970年代の映画業界

1 崩れゆく日本映画
 次世代への準備不足
 サバイバルのための試行錯誤
 東宝の再編成
 「日本沈没」が変えたもの
 実録路線とブルース・リー
 新作減らし生き延びる松竹

2 洋画の黄金時代へ
 ブロックバスターの来襲
 宣伝こそが客を呼ぶ
 拡大興行と「ジョーズ」の大成功
 映画館と洋画の蜜月関係

3 日本映画に起こる新しい波
 徳間、角川、西崎ショック
 超大作1本立ての時代へ

あとがき

著者:斉藤守彦 1961年生、映画ジャーナリスト。「映画宣伝ミラクルワールド」「80年代映画館物語」「日本映画、崩壊」「映画館の入場料金はなぜ1800円なのか」など著書多数。

■関連記事
あがめられるよりは笑いのような”ゆるめる”対象でありたい。
大人の部活で、友達を作りませぬか?
友達がいない春に観たい、ピン芸人・永野のおすすめ映画!

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP