ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国GDP成長率6.9%と発表も実際は-2~3%と三橋貴明氏

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世界に向け経済成長を喧伝する中国。しかし経済評論家の三橋貴明氏は、GDPをはじめとする中国の経済統計の数字は「全く信用ならない」と指摘する。その統計の驚くべきカラクリとは。

 * * *
 今年1月19日、中国の2015年の実質GDP(国内総生産)成長率は、前年に対して6.9%増と発表された。輸入が同14.1%減であったにもかかわらずだ。輸入がこれだけ減っていながら、GDPだけが6.9%も伸びるとは、常識ではありえない。

 そもそも中国から発信される経済関連の統計指標は、中国の「最悪の輸出品」で、その実体は2種類しかないと考えている。

(1)「統計マジックにより実態がわからない指標」と、(2)「そもそも正しくない指標」の2つのみだ。

(1)の代表が失業率だ。中国は全土の失業率ではなく、都市部の戸籍を持つ「登録失業者」のみを数えた「登録失業率」しか発表しない。農民工(農村出身の出稼ぎ労働者)などの農村戸籍者の失業率は不明だ。

 そして、(2)の代表が実質GDPの成長率なのである。

 2015年の「GDP6.9%成長」が一発で嘘とわかる理由がある。「李克強指数」(*注)として電力消費、銀行貸し出しと並んで経済状況の目安となる鉄道貨物輸送量が、前年比15.6%のマイナスとなったことだ。2012年頃まで、中国の鉄道貨物輸送量(前年同月比)はGDP成長率より「少し低い」水準で推移していた。この時期は、リーマンショックを受けて中国共産党が実施した大規模経済対策の効果で、確かに実需も伸びていた。
 
*注/中国の李克強首相が「政府発表のGDPよりも信頼できる」と語ったとされることに由来する、中国の経済状況を推し量る統計指標。

 その後、2012年半ばから鉄道貨物輸送量が前年比でマイナスに落ち込むようになったが、それでも成長率は7%台をキープしていた。「モノ」が動いていないにもかかわらず、経済成長率は維持されている。これは、中国以外では見られない超常現象である。
 
 中国共産党はGDP成長率と鉄道貨物輸送量の乖離について、「製造業ではなく、サービス業が伸びているため」と言い訳している。それならば2013年7~12月にかけて輸送量が大きくプラス化したのに、成長率が7%台に止まったことの説明がつかない。鉄道貨物輸送量が回復したのに加えて、産業のサービス化が進んだならば、成長率は8%、9%台にまで上昇したはずではないか。
 
 また、前述したように、昨年の輸入が前年から14.1%も大幅に減少したのに、GDP6.9%成長というのも奇妙な話だ。GDP統計が比較的信用のおける先進国の過去のデータを見る限り、輸入と成長率には相関関係が見られ、輸入が対前年比でマイナス10%台に達している国が、プラス成長になることはあり得ない。
 
 このように鉄道貨物輸送量や輸入などのデータを見る限り、直近の中国の経済成長率(四半期ベース)は、ゼロ成長どころか、実際にはマイナス2~3%成長と見るのが妥当だ。

【PROFILE】1969年熊本県生まれ。東京都立大学(現・首都大学東京)経済学部卒業。NEC、日本IBMなどを経て2008年に中小企業診断士として独立。著書多数。

※SAPIO2016年4月号

【関連記事】
6.9%発表の中国GDP成長率 「前年比マイナス3%」の分析も
「6年ぶりの大相場」期待の中国株 国家戦略に乗る注目銘柄
中国経済崩壊で「韓国のデフレ不況突入は確実」と三橋貴明氏

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP