ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アラフィフ男のアイドル趣味 生活を豊かにする説も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ピークは過ぎたといわれながらアイドルブームが続くなか、おじさんによる、おじさんのためのアイドル本『50代からのアイドル入門』(大森望、本の雑誌社)、『中年がアイドルオタクでなぜ悪い』(小島和宏、ワニブックス)が相次いで出版された。アイドルではなくファン、しかもおじさんに焦点を当てた書籍出版が続く背景を探った。

 WEB本の雑誌で連載した同名コラムに加筆修正した『50代からのアイドル入門』は、アイドルのイベントやコンサートへ行ったことがない人へ向けて書かれた“現場”入門書。テレビやネット等のみで楽しむ“在宅”アイドルファンは潜在的にかなりの数にのぼる。サイレントマジョリティである彼らへ向け、コンサートやイベントなどの現場へ出るプロセスを具体的に解説したのが『50代の~』だ。もちろん30代でも40代でも適用可能な内容だ。

 在宅ファンへコンサートやイベントを楽しもうと呼びかける内容になったのは、大森さん自身が現場へ出るようになり、在宅のときより、さらに生活にハリが出て豊かになったと感じているからだ。

「仕事を始めて20年も経つと、いろいろ工夫しても生活がマンネリ化します。でも、アイドルを応援し始めると、新しいことに取り組む楽しさやアイドルから『ありがとう』と感謝されることで社会の役に立っているという満足感も得られる。大人になると新たな交友関係が生まれづらいが、アイドルファンになったおかげでSNSでのつぶやき、チケットや情報交換をきっかけに新しい交友関係も広がりやすくなりました。

 アイドルファンは、まだ誰にでも気兼ねなく告白できる趣味になっていません。でも、子どもの頃からアイドルがいる社会で育った世代にとっては、大人になっても歌って踊る女の子を応援することが趣味のひとつとして存在している。興味があるのにあと一歩を踏み出せない多くの人たちへ向けて、現場に出る楽しさと方法が伝わればと思います」

 大森さんは書籍のなかで、まず無料イベントやチケットが入手しやすいコンサートへ足を運び、自分の好みに合った楽しみ方と出会うことからすすめている。

『50代からの~』はピンク色のTシャツ姿で片手にサイリウムをもつ、よくあるアイドルファンの姿をした大森さんの写真が表紙になっている。『中年がアイドルオタクでなぜ悪い』も中年男性が表紙だ。イラストレーターの師岡とおるさんによるはっぴと鉢巻きを身につけた躍動感ある男性、こちらもよくあるアイドルファンの姿をしている。

『中年が~』という直球なタイトルは、アイドルにあまり関心がない担当編集者の岩尾雅彦さんが、アイドルオタクである著者に、「そろそろアイドルを卒業してくれませんか」と冗談まじりに言ったとき返ってきた言葉から生まれた。そこまで言うならと岩尾さんは、アイドルとそのファンを遠まきにみている自分たちのような人へ向けて、それらの魅力を言葉で伝える本を作りましょうと企画をすすめた。

「2010年代になり、アイドルはブームから大人の文化として定着したと思います。アイドル現場には60代、70代の人も少なくないそうです。プロレス記者だった当時から小島さんは、みずからが現場で感じた熱を言葉で伝えてきて、いまはアイドルの現場の熱を言葉で伝えています。あがってくる小島さんの原稿を読むたびに、プロレスファンとして熱を発する一人だったかつての自分の、久しく忘れていた感覚を取り戻したくなりました。

 普段は人とコミュニケーションを取るのが苦手な人でも、アイドルを応援することをきっかけにファン同士で積極的に会話を交わすようになり、生きがいが見つかったという人も多い。少し後ろめたい思いを残しながらアイドルを応援し続けるというのが、大人の“たしなみ”ではないでしょうか。現代はストレス社会なので、アイドルが元気になるきっかけになるのではないか、と書籍編集をしながら思うようになりました」(岩尾さん)

 かつてアイドルのファンといえば、そのアイドルと同年代の少年たち、もしくは女児も含めた子どもたちだった。しかし、2010年の第2回AKB総選挙が社会現象となったころから様子が変わり始めた。大人の男性、おじさんたちがアイドルを夢中になって論じ、応援するようになったのだ。それから数年経ち、現在では、写真がほとんど載っていない、おじさん向けのアイドル本が相次いで登場するほど成熟したジャンルとなった。

 男性学が専門で『40男はなぜ嫌われるのか』などの著書がある武蔵大学の田中俊之氏は、おじさんによる、おじさんのためのアイドル本出版が相次いでいることについて「とかく否定的なイメージがつきまといがちな趣味なので、書籍という形になるのは肯定的なアピールになりますね。男性の趣味が多彩になるという意味でも、よい傾向ではないでしょうか」と歓迎している。

「純粋にアイドルを応援することには、つらい現実を忘れる非現実、フィクションとして機能している面があるのでしょう。中年男性にとって最大の問題は趣味がないこと、仕事以外の人とのつながりがないことだったので、それを解消できるのはよいことだと思います。単に応援するだけではなく、心の中を掘り下げるかたちで、どうしておじさんである自分がアイドルのファンになるのかをじっくりと省みてみる方向に向かってもらえたらさらにいいなと思います」

 リストラや鬱、老後の不安など、中年男性をめぐるニュースに明るいものは少ない。彼らの生活を救うひとつとして、アイドルのファンという趣味の存在感が増しているようだ。

【関連記事】
950曲掲載 ジャケットだけでも楽しいアイドルディスクガイド
クリス松村が独自視点で綴ったアイドル論 特典商法に警鐘も
朝井リョウの新刊は現代のアイドル事情を鮮明に描いた長編作

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP