ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

田中みな実アナ 「ぶりっ子」キャラ復活でオファー殺到か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 フジテレビの絶対的エースとして君臨した、加藤綾子アナ(30)が4月末でフジテレビを退社する。カトパンの独立で、フリー女子アナの椅子の奪い合いはさらに激しくなりそうだ。現在、帯番組『あさチャン!』(TBS系)のメインキャスターを務める夏目三久アナ(元日本テレビ)、バラエティ番組に引っ張りだこの高橋真麻アナ(元フジテレビ)がフリー女子アナの2強といえるだろう。

 そうしたなかで、元TBSの田中みな実アナが息を吹き返しつつあるのだという。テレビ局関係者が話す。

「一昨年秋のフリー転向後はぶりっ子キャラを封印してきましたが、最近になって解禁しています。2月17日の『笑ってコラえて!』(日本テレビ系)では、終電後から始発までの時間を飲み歩く人気コーナー『朝までハシゴの旅』に登場。ぶりっ子しながら一般人と触れ合う姿が視聴者に良くも悪くも受けたようで、田中アナの登場中に数字がグングンと上昇。番組自体も、13.3%といつも以上の高視聴率を残したんです」

 局アナ時代、『サンデー・ジャポン』(TBS系)のロケで見せたぶりっ子キャラが受けて大ブレイク。近年はその持ち味を抑え気味にし、フリー転向後はMCの役割に徹していたが、『笑ってコラえて!』では、食べ物ロケを熟知した往年の田中アナの姿が見られた。

 居酒屋でマッシュルームの串揚げを食べたあと、舌をペロリと舐める。串に刺さったこんにゃくを口に入れて「熱い!」と叫びながらも、なかなか口から離さない。刺身を食べた後、上を向いて目を閉じ、なぜか舌を二度出した後、「はぁ~おいしい~」と吐息まじりにつぶやく……。

 一般人からも突っ込まれるほどのぶりっ子を演じきり、数字を上げたことで、業界内では田中みな実の再評価が始まっているという。

「男性目線を本当によく理解している。ディレクターからすれば本当に助かりますよ。同じロケでも“撮れ高”が全然違う。実際、視聴率に跳ね返ってきたので、食べ物ロケのオファーが殺到していると聞いています」(同前)

 だが、田中アナにとっては悩みの種が増えたかもしれない。番組内で、一般人と飲みながらこう告白していたからだ。

「局アナの頃って、ちゃんとアナウンサー業、アナウンスメントをやっていたんですよ。でもフリーになったら、こうやってタレントさんみたいなお仕事もさせて頂くことが増えて、タレントさんっぽくなりたいわけじゃないから、やっぱりアナウンサーでありたいって思うけど、じゃあなんで局アナ辞めたのかっていわれると、それは分からないですよね。目的が分かんなくなってきちゃって、最近……」

 前出・テレビ局関係者はこう話す。

「タレントは得てして、自分の理想像と求められる姿にギャップを感じます。しかし、萩本欽一さんが『嫌だなと思った仕事に運がある』といっているように、そのタレントの価値は周囲が決めるもの。数多いるフリー女子アナのなかで、田中アナにはぶりっ子という大きな武器がある。これを活かさない手はないですよ。突っ込み側として人を回す司会者タイプというより、周りに突っ込まれることで活きるタイプですから。最近CDデビューを果たしたり、バラエティ番組にも多数登場する小林麻耶アナ(元TBS)のような再ブレイクが十分期待できますし、今年30歳を迎える田中にとっては今がラストチャンスといえます」

 彼女のなかで何かが吹っ切れた時、再び快進撃が始まるのかもしれない。

【関連記事】
田中みな実アナ 久保田智子アナのマラソン会不参加で苦境に
TBS 青木裕子・田中みな実の影響あり採用試験にKY学生増加
女子アナ採用更に狭き門に 正社員採用よりフリーに頼る風潮

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP