ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金村義明氏 横浜はもはやファンサービスだけのチーム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ペナントレース開幕まであと少し。春季キャンプには必ず全球団を訪れることで知られている野球解説者の金村義明氏に、今季の順位と個人タイトル受賞者の予想を聞いた。

●セ・リーグ予想
(1)阪神、(2)ヤクルト、(3)巨人、(4)中日、(5)広島、(6)横浜

●パ・リーグ予想
(1)西武、(2)ソフトバンク、(3)日本ハム、(4)オリックス、(5)楽天、(6)ロッテ

 阪神は金本監督の新人監督とは思えない指導力で「超変革」を敢行、鳥谷敬、西岡剛らベテランの意識が変わった。総合力ではヤクルトの方が上だが、連覇のプレッシャーやバーネットの穴を考えると、阪神にも十分チャンスがある。

 巨人は昨年同様、湿った打線に苦しみそう。Bクラスもあり得る3位です。反対に若手の勢いのある中日はAクラスが狙える4位。広島はマエケン(前田健太)の穴が埋められていないし、横浜はもはやファンサービスだけのチームになってしまった感がある。

 パは西武が良い。打線はソフトバンクに引けをとらないし、コーチ陣が投手にも目処が立ったといっていました。日本ハムは投打のバランスはいいが、選手層がまだ薄い。ケガ人さえ出なければAクラス。オリックスは一発があるので不気味な存在だが、染みついた負け犬根性が心配です。

●個人タイトル予想
セ=首位打者:山田哲人(ヤクルト)、本塁打王&打点王:バレンティン(ヤクルト)or筒香嘉智(横浜)、最多勝・最優秀防御率・最多奪三振:藤浪晋太郎(阪神)orメッセンジャー(阪神)

パ=首位打者:柳田悠岐(ソフトバンク)、本塁打王、打点王:中村剛也(西武)、最多勝・最優秀防御率・最多奪三振:大谷翔平(日本ハム)

※週刊ポスト2016年3月25日・4月1日号

【関連記事】
江本孟紀氏 セは中日が優勝、根拠は2つある
達川光男氏 セは優勝狙える広島、パはオリックスに注目
広澤克実さんの順位予想 一番元気な阪神が1位

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP