ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

糖尿病治療 年齢によって処方される薬の種類に違いあり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「糖尿病」は予備群を含めれば患者の数は2000万人に及び、日本人の国民病ともいえる。ところが、同じ病名なのに60歳を境に、合併症の危険や治療の常識が変わるという。では、60歳未満と以上とでは、治療法にどんな違いがあるだろうか。

 糖尿病の治療において、血糖値の指標であるヘモグロビンA1c(HbA1c)の数値目標が設定されるが、世代によってこの数値にも違いがある。銀座泰江内科クリニックの泰江慎太郎院長が解説する。

「30~50代の若い糖尿病患者はこの先の人生で膵臓をいかに長持ちさせるかが治療のメインテーマです。血糖値が上がってインスリンが大量に分泌され続けると膵臓はどんどん疲弊していく。そのため若い世代ほど長期にわたる厳格な血糖値コントロールが必要になる。

 HbA1cは糖尿病患者であれば合併症予防として通常7.0%未満が目標とされますが、若い世代はより厳しく5%台を目標にすべきと考えています」

 一方の60歳以上は投薬治療をやる上では、HbA1cの目標値を緩めるべきだという意見が学会で出ているという。北品川藤クリニックの石原藤樹院長がいう。

「“高齢者の目標値は緩めよう”という考えが最近、日本糖尿病学会でも提唱されています。 高齢者は肝臓や腎臓などの機能が低下しがちです。そうすると薬の成分が体外に排出されるのが遅れて、薬が効きすぎるケースがあります。薬で血糖値が下がりすぎることにも問題があります。低血糖によって、様々な健康リスクが生じます」

 強い空腹感や眠気、目のかゆみなどの症状は低血糖が疑われるので注意したい。

 次に、歳を重ねるほど慎重さも必要になってくる「投薬」についてはどうか。前出・石原院長の解説。

「若い世代は身体機能が正常に働くので薬による低血糖は起こりにくい。世代や身体の機能によって薬の効き目が異なることを肝に銘じましょう。年齢によって処方される薬の種類にも違いが出てきます」

 病気を治すために薬を飲むのに、薬で病気が悪化しては元も子もない。年齢に合わせた薬の飲み方を覚えたい。

 日本老年医学会は2015年11月に「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」を公表した。高齢者が服用を避けるべき薬を紹介したガイドラインだ。

 このうち糖尿病治療薬では、体内の糖質を尿とともに排出する『SGLT2阻害薬』、インスリンを多く分泌させるなどの効能を持つ『スルホニル尿素薬』は低血糖などのリスクがあるとして、「中止を考慮するべき薬物」のリストに含まれている。逆に高齢者に適しているとされる薬もある。

「持続期間が短いために、低血糖を招くリスクが少ないとされる『インクレチン関連薬』や『DPP-4阻害薬』は高齢者向きとされますが、値段が高いのが難点です」(同前)

※週刊ポスト2016年3月25日・4月1日号

【関連記事】
糖尿病患者の血糖値を下げすぎると死亡率増加するとの米研究
糖尿病黄斑浮腫 働き盛りの視力障害原因病に新しい治療法登場
高齢者の大腿骨近位部骨折 骨折から1年後の死亡率高い傾向

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。