ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

火星環境を想定した土壌で10種類の農作物が育った!トマト、大根、ネギ、ほうれん草・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ScienceAlert」に、オランダのヴァーヘニンゲン大学の研究者が行なった実験の結果が紹介されました。火星の土壌に近い環境下で10種類の作物を栽培することに成功しました。

この研究結果は「Science Daily」に発表されたもの。ハワイの火山から採取した土で火星環境を再現。実際の栽培が地下で行われることを想定し、気温や宇宙放射線は考慮されていなかった模様。

しかし、実験では、トマト、ライ麦、大根、エンドウ豆、ネギ、ほうれん草、ルッコラ、ガーデンクレス、キヌア、チャイブの栽培に成功。ただし、この土壌には、鉛、ヒ素、水銀、鉄といった重金属が含まれており、食べられるかどうかはまた別の話。ちなみに、アリゾナ州にある砂漠の土で月の環境を再現した土壌では、成功率が半分以下に留まる結果に。とくにほうれん草の栽培が難しかったようです。

食用としての安全性や収穫量の問題など、まだまだ課題は尽きないようですが、とはいえ10種類も育てられた事実は大きな一歩と言えるでしょう。

NASAがペルーの土を使って、火星で育つジャガイモを栽培実験中なんてニュースもありましたが、これだけの野菜が育つこと自体驚きですよね。

Reference:Science Alert,Sciense Daily

関連記事リンク(外部サイト)

【科学者がYES!】毎日幸せが続く、シンプルな習慣7つ
【速度20km】カバンに入れて持ち運べる「電動スクーター」
太陽光発電。敷地不足を解決する「まさかのアイデア」がついに発見される・・・

TABI LABO
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP