ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

藤子不二雄や手塚治虫が大絶賛した昭和の醤油ラーメン / トキワ荘近くの「松葉」は漫画家の聖地

DATE:
  • ガジェット通信を≫

トキワ荘ラーメンライス
700円

平成生まれなのに「昔ながらの醤油ラーメンは美味しいなあ」「昭和の味がする」と言う人がいるが、昭和を知らなくても、そう言ってしまうのには理由がある。昭和時代を駆け抜けたラーメンのみに宿る「歴史」と「安心」が感じられるからだ。そう、それはまさに「昭和味」。

・最上級のシンプル
醤油から最大限の「旨味ポテンシャル」を引き出すことだけに徹した、「最上級のシンプル」。最近のラーメン屋はコッテリ系や奇抜系に走りがちであり、そんな状況だからこそ、昭和時代を駆け抜けたラーメンから放たれる「最上級のシンプル」が際立つのである。

・昔ながらの醤油ラーメン
藤子不二雄や手塚治虫が大絶賛した昭和の醤油ラーメンが、東京都内で食べられる。漫画家ばかりが棲んでいたアパート「トキワ荘」。そこから徒歩30秒もかからない場所にある大衆食堂「松葉」。

ここでは、たとえあなたが昭和生まれだろうと平成生まれだろうと、最上級の「昔ながらの醤油ラーメン」が体験できる(撮影と掲載を許してくださった店主に感謝)。

・漫画家たちが食べていたラーメン
ここは漫画家にとって聖地となっており、多くの漫画家が「藤子不二雄や手塚治虫が大絶賛したい」と思い、この食堂を訪れている。トキワ荘の漫画家たちが食べていたラーメンライスは700円で、非常にリーズナブル。

・スープをすべて飲んでしまうほど美味
麺はやや柔らかめ。食べるとゴリッとしたワイルドな食感が伝わってくるメンマ、そして繊細な醤油の旨味が感じられるスープを「さらにあっさり」に仕上げてくれるワカメ(そのおかげで醤油の塩味が際立って美味い)。あまりにも醤油風味に魅了されてしまい、すべて飲み干してしまった。

たとえ漫画家のファンではなくとも、ここのラーメンは体験しておくべきである。あなどれない味がそこにある。昭和の味は、今もまだ、漫画家たちとともに平成の世を走り続けている。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2016/03/21/tokiwaso-matsuba/

松葉
住所: 東京都豊島区南長崎3-4-11
時間: 11:00~15:00 16:00~21:00
休日: なし
http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13025247/

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP