ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

flumpoolが新宿でゲリラライブを敢行!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

flumpoolが約3年半ぶりのオリジナル・フルアルバム『EGG』のリリースを記念したサプライズとして、3月20日(日)14時に東京・新宿ステーションスクエアにてゲリラライブを敢行した。

新宿ステーションスクエアに早朝突如現れた、アルバム「EGG」のリリースを記念した、バルーン型巨大卵。一見ただのモニュメントかと思われたその“卵”の中から、flumpoolメンバーがサプライズ登場!!突然ライブを開始し、街ゆく人々の度肝を抜いた。

アルバムリード曲の「解放区」のイントロにのって、メンバーが“卵”の中から登場するや否や、噂を聞きつけて集まった観客の大歓声に包まれた。 「新宿~!」とヴォーカル山村隆太の煽りに、会場はヒートアップ。普段憩いの場として親しまれているその場所が、一気にライブ会場へと様変わり。気づいた人々が一気に会場になだれ込んでいく。続けて、映画&TVシリーズ「亜人」主題歌「夜は眠れるかい?」を披露。観客のボルテージは最高潮に盛り上がった。MCでは『もともと路上でやっていたので・・・』と、感慨もひとしおに山村がデビュー前の想い出も語り、ギターの阪井も『めっちゃ、人いる!!』と興奮気味に会場の雰囲気を味わっていた。その後のMC中、先日、2度にわたりオフィシャルHPのCDジャケットをジャックし話題となっていた“ぐでたま”がまたもやステージをジャックしようとばかりに、“ぐでぐるま”なる台車にのって飛び入り出演。一気に緊張はほどけ、ゆるーい空気に会場が包み込まれた。 阪井は『みんな、“ぐでたま”知ってる?今めっちゃ人気だけど、先週、僕ら、この“ぐでたま”に、オフィシャルサイトのアルバムジャケット、乗っ取られたんですよ。』とチクリ。そうすると山村も『今日のライブも全部“ぐでたま”に持って行かれる!!』とあせる場面も。それに対して“ぐでたま”も『立ち上がるのがだるい・・・』など、いつものぐでっぷりを披露し、観客をさらに沸かせていた。

ライブの最後には、flumpoolの新機軸となる楽曲「World beats」で、新宿駅前全体を、巨大なダンスフロアのようにし、ゲリラライブは終了した。【MARCH 20 TOKYO】と最後まで謎だった告知は、このライブの事だったのだが、あっという間の20分。約3,000人もの観客を集め、鮮烈なインパクトを残してメンバーは会場を後にしていった。

flumpoolはこのアルバム『EGG』を引っ提げ、2年ぶりの全国ツアー「WHAT ABOUT EGGS?」に臨んでいく。先日追加公演として台湾・シンガポールでの開催も決定し、まだまだ続くその勢いはとどまることを知らない!!

photo by 上飯坂一






OKMusic
カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP