ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

講師は日本在住の外国人!ホームステイ気分で家庭料理を学べる「tadaku」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

レストランで楽しめる外国の料理を、食べるだけでなく実際に作ってみたい!そんな人にオススメなのが、ここで紹介する「Tadaku」。日本で生活する外国人が講師となって教えてくれる料理教室です。

ネイティヴに教わる
「世界のレシピ」

料理教室の開催場所は、講師の自宅。料理を習えるだけでなく、食器やインテリア、音楽など、いたるところに現れるその国の文化を楽しめます。一日ホームステイのような、新しい料理教室のカタチと言えるでしょう。

外国人の講師と、どうやってコミュニケーションをとればいいの!?と心配しているアナタ。ほとんどの先生は日本語が話せるようなのでご安心を。もし話せない人だったとしても…料理が“共通言語”になってくれるはず!

料金はクラスによりますが、5,000円程度とのこと。材料やドリンク、レシピ等すべて込みです。決済は「Tadaku」のサイトで行い、キャンセルや予約変更も可能。

こちらが過去に教室で作ったものの例。フランスのOlivierさん直伝「ルバーブ&アップルパイ」や、

インドのGayatriさんと作った「タンギ・エッグ・マサラ」など。どれも美味しそう!日本のスーパーで手に入る食材ばかりを使ってくれる点も嬉しいですよね。

対象地域は東京や神奈川など、ほとんどが首都圏。スペインやイタリアなど馴染みのある料理から、イスラエル、チェコ、ペルーまで、学べる料理はさまざまです。HPでは次のクラスの情報が随時更新されているので、気になる人はぜひとも“本場の料理”を教わってみては?

Licensed material used with permission by Tadaku

関連記事リンク(外部サイト)

紙から文字が飛びでてくる!?トルコのグラフィックデザイナーが描く「3Dカリグラフィー」
手が汚れない「左利き用ノート」がついに商品化へ
「デヴィッド・ボウイ」は、なぜ世界中で愛されるのか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP