ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

話題のイケメンゴリラにも会える!東海のおすすめ動物園・水族館

DATE:
  • ガジェット通信を≫

動物の名前は言えても、「何を食べるのか」、「どんな暮らしをしているのか」って知ってますか?

普段はTVや本の中でしか観られない、動物や、不思議いっぱいの海の生物たち。

何を食べるの?触るとどんな感じ?など、「?」の答えを動物との触れ合い体験を通じて見つけましょう。

いきものに一歩近づく★ドキドキ体験がいっぱい !一歩踏み込んだからこその発見は、感動も大きいのです。

今回は、東海のおすすめ動物園・水族館を動物ウンチク付きでお届けします!

東山動植物園(愛知県名古屋市)

“スポットガイド”

動物園で楽しくお勉強★目指せ「動物博士」!

ガイドする動物はコアラ、ライオン、ペンギン、キリンなど。当日、動物会館付近で確認を

園内施設が続々リニューアル中。

敷地内に動物園と植物園を併設し、動物は約500種を展示。近年は、遠方からしか見られなかったライオンをガラス越しに、カンガルーは広場で間近に観察できるなど、動物を身近に感じられる展示が増えました。ほか「世界のメダカ館」も!

体験DATA

スポットガイド

各動物獣舎の前で動物好きのボランティアスタッフさんがワンポイントガイド!動物の頭蓋骨などの骨格標本やパネルを使って学べます。

体験日時▶︎土日祝10時〜12時

参加料▶︎無料

予 約▶︎不要

年齢制限▶︎なし

動物ウンチク♪

頭蓋骨を見るとエサもわかる!?

頭蓋骨の歯をチェックして見てください!ライオンは肉を食べやすいようにほとんどの歯がとがっていますが、キリンは草をすりつぶして食べるので、平らな奥歯が発達しているのです。

あの人気者にも会いに行こう!

ニシローランドゴリラ(シャバーニ)

今、運動場での出待ちもできるほど大人気のイケメンゴリラ。

群れのボスとして、また2児の父として、カッコ良い姿は必見です!

東山動植物園にすむ 森の妖精・ズーボ

土曜日・日曜日に園内のあちこちに出没します

東山動植物園

TEL/052-782-2111

住所/名古屋市千種区東山元町3-70

営業時間/9時〜16時50分(最終受付16時30分)、獣舎の観覧は16時30分迄(一部16時頃から見られない動物もあり)

定休日/月曜日(祝日の場合は直後の平日休み)

料金/入園料高校生以上500円

アクセス/地下鉄東山公園駅より徒歩3分、星ヶ丘駅より徒歩7分

※公共交通機関を利用ください

「東山動植物園」の詳細はこちら

二見シーパラダイス(三重県伊勢市)

“セイウチお散歩”

セイウチにさわって、

おヒゲのかたさをチェック!

セイウチのお散歩は、海獣広場で開催

海獣とふれあえるレア体験を。

伊勢の「夫婦岩」で有名な二見興玉神社のすぐそばに立つ。迫力満点のセイウチやアザラシ、トドなど海獣とのふれあいが評判です。

体験DATA

セイウチお散歩

もじゃもじゃのヒゲに、大きな体で見た目はおじさん!?だけど実は一番の甘えん坊のセイウチ。プールから出てきてお散歩するセイウチと、タッチ&記念撮影ができます。

開催日時▶︎毎日3回

参加料▶︎無料

予 約▶︎不要

年齢制限▶︎なし

動物ウンチク♪

もじゃもじゃヒゲはパスタのように硬い!?

立派なヒゲは茹でる前のパスタみたいな硬さなので、確かめてみてください。

また、エサを吸ってとる習性があるので、口をやさしくさわって体験をしてみても楽しいですよ♪

あの人気者にも会いに行こう!

ゴマフアザラシの小丸ちゃん

丸くて大きなクリクリの目が特徴的。遊び心を持ち、面白いことを探して、いつもキョロキョロしている様子が愛くるしい♪

二見(ふたみ)シーパラダイス

TEL/0596-42-1760

住所/伊勢市二見町江580

営業時間/9時〜17時

定休日/12月に2回

料金/入場料高校生以上1400円、小学生以上600円、3歳以上300円

アクセス/電車:近鉄鳥羽駅より車で15分 車:伊勢二見鳥羽ライン二見JCTより5分

駐車場/150台(2時間600円、以降30分毎100円)

「二見シーパラダイス」の詳細はこちら

※この記事は2016年1月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

春休みに行きたい!宮崎・鹿児島のふれあい動物スポット&水族館
圧巻の桜並木が美しい!今年ぜったい行きたい鹿児島のお花スポット6選
キッズ大興奮!白浜で初めてのワクドキ体験3選【和歌山】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。