ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マゲを結ったまま実戦デビューした天龍源一郎

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジャイアント馬場とアントニオ猪木、ふたりのスーパースターの活躍を軸として日本プロレスの軌跡を振り返る、ライターの斎藤文彦氏による週刊ポスト連載「我が青春のプロレス ~馬場と猪木の50年戦記~」。今回は、平成11年3月6日に日本武道館で引退式を迎えたジャンボ鶴田に「源ちゃん(天龍源一郎)のほうが全日本を引っ張ってくれる」と言わしめた、大相撲出身プロレスラーの天龍源一郎デビューを振り返る。

 * * *
 昭和25年2月2日、福井県生まれの天龍は、昭和38年12月、13歳で二所ノ関部屋(親方は元大関・佐賀ノ花=当時)に入門。昭和39年1月、初土俵。昭和48年1月場所で幕内初入幕。

 昭和50年秋場所後、部屋分裂騒動“押尾川事件”に巻き込まれ、翌年の昭和51年秋場所、東前頭十三枚目の番付で8勝7敗で勝ち越したのを最後に二所ノ関親方(元関脇・金剛=当時)に廃業届を提出。相撲社会の古い慣習に翻弄されての土俵との決別だった。

 天龍は、当時26歳。旧日本プロレス―東京プロレス―国際プロレスで活躍した豊登以来、22年ぶりの現役幕内力士のプロレス転向は大きなニュースとなった。

 天龍は“新弟子生活”を体験せず、マゲを結ったまま、同年10月30日、同じ大相撲出身の桜田一男(のちのケンドー・ナガサキ)とともに修行地のテキサス州アマリロに向け出発。現地でドリー&テリーのザ・ファンクスからレスリングの手ほどきを受け、翌11月、実戦デビュー。

 これは、鶴田がプロレス入りしたときとまったく同じ育成プランで、馬場はあくまでも天龍を“即戦力”としてプロデュースした。全日本プロレスのタッグ部門での馬場&鶴田の師弟コンビのライバルは、大木金太郎&キム・ドクの“韓国師弟コンビ”だった。大木は、前年の馬場との“因縁の対決”(昭和50年10月30日=東京・蔵前国技館)以後、フリーの立場で全日本プロレスに定着。

 長期のアメリカ遠征から約4年ぶりに帰国した大木の“弟子”キム・ドク(戸口正徳=元日本プロレス)は、日本人サイドではなく、外国人サイドからのシリーズ出場を選択した。

 大木&ドクは、王座初挑戦で馬場&鶴田を下し、インターナショナル・タッグ王座奪取に成功(10月28日=東京・蔵前国技館)。

 この年の12月9日、全日本プロレス(日大講堂)と新日本プロレス(蔵前国技館)がいずれも都内の大会場で同日・同時刻にニアミス興行をぶつけ合った。

 新日本プロレスは、猪木対ウィリエム・ルスカの異種格闘技戦(猪木がTKO勝ち)をメインイベントに1万5000人(主催者発表)を動員。

 全日本プロレスは、大木&ドクに馬場&鶴田が挑んだインターナショナル・タッグ選手権のリターンマッチ(馬場&鶴田が王座奪回)をメインイベントに1万2000人(同)を動員。

 日大講堂──そのルーツは戦前の旧両国国技館──のリング上では、この日のために一時帰国した天龍の断髪式が行なわれた。

●さいとう・ふみひこ/1962年東京都生まれ。プロレス・ライター、コラムニスト。プロレスラーの海外武者修行にあこがれ17歳で単身渡米。1981年より取材活動。『週刊プロレス』創刊時からスタッフ・ライターとして参画。『ボーイズはボーイズ』『みんなのプロレス』など著作多数。専修大学などで非常勤講師。

※週刊ポスト2016年3月25日・4月1日号

【関連記事】
ジャンボ鶴田の就職時「尊敬する馬場さんの会社選びました」
「日本プロレス史上最も盛り上がった」と評される大会とは?
A・猪木 プロレスの枠を超える「対世間」を意識していた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。