ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

晴れた日にお散歩したい。フランスの絵になる港町「オンフルール」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オンフルールはノルマンディー地方にある、セーヌ川河口の小さな港町。19世紀には印象派の画家たちを魅了しました。

海岸沿いにはパステルカラーの建物が並び、青い海にはその建物が映り、港にはヨットが浮んでいます。まさに絵になる美しい港なのです。そんなオンフルールの街を紹介します。

晴れた日にはオンフルール旧港を散歩

パリから車で約2時間のオンフルールは旧港が有名。港にはいくつものヨットが浮かび、港町らしい雰囲気をかもし出しています。このこじんまりとしたヨットハーバーは、晴れた日に海岸沿いを歩くのが気持ちいい。画家たちのインスピレーションの源であったこの旧港は、いつも静かで穏やかな空気が流れています。

オンフルールの海岸にはカフェやレストランが建ち並んでいます。新鮮な海鮮料理やノルマンディー名物のムール貝なんかを食べることができます。夏の晴れた日は、カフェテラスで海を眺めながらゆったりとした時間を過ごすのもいいですね。

木造建築の美しい街

オンフルールのあるノルマンディー地方は第二次世界大戦時、戦火の被害にあった土地。多くの街が破壊されましたが、オンフルールの街は奇跡的にその姿を保ち続けています。この木造建築の街並はとても可愛らしく、趣きがあります。お土産屋や雑貨屋さんがたくさんあるので、ぶらぶらと歩くのも楽しいです。

木造建築のサント・カトリーヌ教会

15世紀100年戦争で取り壊された教会の跡地に、サント・カトリーヌ教会が建てられました。この木造建築の教会は、フランスでは最大のもの。木造に関する知識や技術のある船大工たちによって建設されました。木造の教会はなかなか馴染みのないものですが、風情があります。

オンフルールとル・アーブルを繋ぐノルマンディー橋

1995年、建設当時世界最大級の橋として話題になったノルマンディー橋。ノルマンディー地方の主要都市ル・アーブルまで15分で行くことができます。オンフルールからル・アーブルまで足を伸ばしてみるのもいいですね。

[france.fr]
[honfleur]
[All photos by Shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP