ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自分自身に戻れる、子どものための「サードプレイス」とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

J-WAVE土曜の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐・みんしる)のワンコーナー「ARTS COUNCIL TOKYO CREATIVE FILE」。3月19日のオンエアでは、アーツカウンシル東京の森隆一郎さんが登場しました。

最近よく耳にする「サードプレイス」というキーワード。学校・職場・家庭以外に自分自身に戻れる時間や場所のことを指し、その重要性が注目されています。

森さんによれば「文化的な活動」が、まさに分かりやすいサードプレイスで、子どもであれば、学校と家の往復ではなく、塾や習い事。また、先生や親ではない別の大人と出会う場を与えることで、幅広い選択肢や価値観が生まれるのでは、と考えているそう。

そこでアーツカウンシル東京で展開するのは、三味線やお琴などを習える「キッズ伝統芸能体験」や、子どもたちがアーティストたちと共に作り上げる舞台「パフォーマンスキッズ・トーキョー」。これらは、まさに子どもにとってのサードプレイスになります。

「本当の習い事って、習い事自体がマストになってしまって、実はサードプレイスになっていなかったりするんです。でもこれらは10日間、7ヶ月間などの期間で、あまりプレッシャーになりません。あと、伝統もののお稽古って、入門すると辞めることが難しかったりしますが、これらは三味線を7ヶ月やってみて、面白かったら続ければ良いし、違うことを習いたければお琴に移っても良くて、そういう風に渡り歩いている子もいるんです」(森さん)

3月は発表シーズン。3月21日には、ひの煉瓦ホールで「パフォーマンスキッズ・トーキョー」の発表会、宝生能楽堂で「キッズ伝統芸能体験」の発表会が行われます。子どもたちのサードプレイスを、その目で確かめに行ってはいかがでしょうか?

【関連サイト】
「RADIO DONUTS」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

J-WAVE NEWS
カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP