体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ピッツァといえばナポリ?ローマにだってピンサがある!

Photo credit: Edicolante「ローマで行列ができるバッフェットとナヴォーナ広場周辺の路地裏を歩いてシチリアのグラニータを!」

Photo credit: https://www.compathy.net/tripnotes/21787#episode-214239

こんにちは。イタリア在住15年、Compathy MagazineライターのEdicolanteです。
今回はローマ在住の筆者がローマで食べられるピッツァとピンサについてご紹介します。

ナポリはモチモチ、ローマはパリパリ

ナポリはピッツァ発祥の地だと言われていますが、ローマでもおいしいピッツァが食べられます。ナポリのピッツァは生地が厚くモチモチですが、ローマのピッツァは薄くパリパリ。ナポリピッツァがピッツァ職人により空中にピザ生地を飛ばしながらクルクルと回して丸い形を作るのに対して、ローマのピッツァは大理石の板の上で棒で伸ばして作られるので薄くなっているのです。

筆者はどちらも大好きですが、ナポリピッツァを食べるときは、マルゲリータ(トマトソースとモッツァレッラチーズとバジル)やマリナーラ(トマトソースとニンニク)などのシンプルな具がのっているものを選び、ローマ風はカプリチョーザ(「気まぐれ」という意味)やクワットロスタジョーニ(「四季」という意味)のどちらも具だくさんなトマト、チーズ、キノコ、アーティチョーク、ハム、オリーブなどが入ったものを選んでいます。

ピッツァの他にも、カルツォーネがおすすめ。これはピッツァの包み焼きで、中にはトマトソースとハムとチーズが入っている場合が多いです。包まれた具が冷めにくいので、切ると中からモッツァレッラがとろ~りと溶け出します。ゆっくりと味わえるのがいいですね。
Photo credit: Edicolante「トラステヴェレは花盛り! ピッツァと揚げ物の達人とジェラートとパン屋と。。。お楽しみ色々」

Photo credit: https://www.compathy.net/tripnotes/18837#episode-166481

忙しい旅の途中に小腹がすいたら、切り売りピッツァ

1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会