体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ティラミスまで!?」アッという間にスイーツになるマシュマロがすごい!

_258583658

フードクリエイティブファクトリー

暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制作チーム。農水省の海外向け和食PRサイト Taste of Japanへのレシピ提供や、シンガポールで連載や地方自治体のイベントプロデュースや料理教室など、日本の素敵な暮らしを世界へ発信しています。

「お菓子づくり」と聞くと時間がかかるイメージがありますよね。でも、ちょっとしたアイデア次第で、簡単にスイーツの手作りを楽しめる方法があるんです。
その秘密がマシュマロ! アイスもクッキーもサクッと手軽に自宅で作れちゃうんです。特別な用意なんて要らないから、早速今日にでも試せますよ。
ただそのまま食べるだけなんてもったいない。マシュマロスイーツの数々を堪能してみて!

特別な材料も道具もNO、NO!
誰でもおいしく作れるマシュマロアイス

0656

ズバリ材料はマシュマロと牛乳のみ! おうちにあるこのふたつで、いつでもアイスクリームが楽しめるなんて夢のよう。
しかも、レシピは2ステップ。レンジで溶かして冷やし固めるだけでできあがりです。食べたいと思ったときにすぐ作れますね!

【材料】
マシュマロ60g
牛乳200g

【作り方】
①耐熱容器にマシュマロと牛乳を入れ、ふんわりラップをして電子レンジで1分加熱する。
②いったん取り出して、中身をよく混ぜる。マシュマロが完全に溶けなければさらに1分加熱して混ぜる。
③粗熱がとれたら冷凍庫で30分~1時間冷やし、半分くらい固まった所で全体を混ぜる。
④さらに30分~1時間冷やし、全体が固まったらよく混ぜる。

マシュマロをそのまま焼くだけで
クッキーになるって本当?

0616

はい、本当です。マシュマロを120度のオーブンで1時間じっくり焼くと、クッキーに変身。
メレンゲクッキーみたいにサクッシュワ〜と軽い食感がやみつきに。ナッツやドライフルーツ、チョコレートなどをのせたトッピングアレンジも楽しめますよ。
マシュマロを焼き始めて15分後くらいのとき(熱で柔らかくなってきた頃)、いったん取り出してトッピングしたい食材を軽く押すようにのせればOK。
クッキー生地のなかに入れて焼くのもおすすめです。お試しあれ。

【材料】
マシュマロ12粒
アーモンド6粒
カシューナッツ6粒

【作り方】
①天板にオーブンシートをしいてマシュマロを並べ、120度のオーブンで10分焼く。
②アーモンド、カシューナッツを埋め込む。
③120度のオーブンで60分焼く。

プリンもムースもゼリーもティラミスも!
ひんやりぷるぷるデザートもおまかせ

0672

ところで。マシュマロって、なにからできているか知っていますか?
答えは、ゼラチンや卵白、砂糖など。熱で溶かしたマシュマロを冷やし固めると、主成分のゼラチンの特性でプルップルになるってわけなんです。
だから、プリンもムースもゼリーもティラミスも、ゼリーの素の代わりにマシュマロで作れちゃうんです。
しかも、ゼラチンにはたっぷりのコラーゲンが含まれているから美容にもいい。これは常備せねば!!

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。