ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【在住者おすすめのお土産】絶対はずさない!富山の厳選銘菓3選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
干柿は銀座千疋屋で1箱7,776円!富山の厳選銘菓3つ

その土地、その土地にいろいろな銘菓があります。そうした食べ物は、旅に出た先のお土産にもぴったり。

そこで今回は富山県在住の筆者が、富山を代表する銘菓を3つ紹介したいと思います。北陸新幹線などで遊びに来たときには、ぜひともチェックしてみてくださいね。

1:富山干柿

干柿は銀座千疋屋で1箱7,776円!富山の厳選銘菓3つ
(C) とやま観光ナビ

最初の銘菓は干柿。「ええ? 干し柿? 」と意外に思うかもしれませんが、富山県の南砺市で江戸時代から作られている干柿は、全国のグルメ通には有名な銘菓。

富山県と石川県の県境を縦断する医王山(いおうぜん)から吹き降ろす寒風によって作り上げられるという絶品のスイーツです。年間の生産額は600万個。贈答用としても重宝され、例えば東京の『銀座千疋屋』では12個入り1箱が7,776円で扱われています。

もはや柿とは思えない、しっとりと濃厚な深い甘味がたまりません。

2:甘酒まんじゅう

干柿は銀座千疋屋で1箱7,776円!富山の厳選銘菓3つ
(C) Masayoshi Sakamoto

富山を代表する銘菓と言えば、竹林堂本舗の甘酒まんじゅうもその1つです。

竹林堂本舗は創業1790年。当時の加賀藩主・前田利謙に命名され、スタートした歴史があるとか。それ以降、ずっと同じ味を守って営業を続けている老舗ですね。

もちもちした皮の中にあんが包まれており、食べるとほのかな甘酒の香りが楽しめます。富山市内の本店などでは1個から買えますよ。

少し時間が経つと皮が固くなってしまいます。できれば作り立てをいただきたいのですが、固くなってしまった場合は、オーブントースターで焼くとカリッとした食感と香ばしさを楽しめます。

3:玉天と玉風味

干柿は銀座千疋屋で1箱7,776円!富山の厳選銘菓3つ
(C) Masayoshi Sakamoto

最後は越中八尾おわら風の盆で有名な坂の町、富山市八尾が発祥の銘菓・玉天(たまてん)と玉風味になります。

お店によって玉天(おわら玉天林盛堂本舗)と呼ばれたり、玉風味(柳澤屋)と呼ばれたり。どちらも創業が江戸末期や大正時代の老舗で、今も玉天や玉風味を手作りで1つ1つ作っています。

できれば越中八尾おわら風の盆の開催中に、町歩きをしながらお店に立ち寄って味の違いを食べ比べたいものですが、なかなか行けないという人は富山駅前のお土産売り場などで手に入れてみてください。

干柿は銀座千疋屋で1箱7,776円!富山の厳選銘菓3つ
(C) Masayoshi Sakamoto

どこか甘い厚焼き玉子のような味もしますが、表面の香ばしさと内側のマシュマロのような食感が魅力的。シンプルで飽きの来ない銘菓です。

[Photo by Shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。