ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今注目のペプチド!コラーゲンペプチドで美肌効果アップ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大豆ペプチド、コラーゲンペプチド、イワシペプチドなど、サプリメントや美容系ドリンクなどには、さまざまなペプチドが配合され注目を集めています。名前はよく目にするけど、実際にはどんな成分か今ひとつ分からないペプチドについて知って、ドラッグストアで商品を選ぶときに役立てましょう。

ペプチドってこんな成分!

ペプチドとはアミノ酸がいくつかつながってできている成分です。大豆やイワシなどからたんぱく質を抽出して分解して作るので、その原料の名前をとって大豆ペプチド、イワシペプチドなどと呼ばれます。たんぱく質はアミノ酸が20種類もつながってできる栄養素です。分子が大きいために体内に消化吸収されるのに時間がかかります。その点、アミノ酸はたんぱく質が分解されて分子が小さくなっているので、消化吸収が早いのです。アミノ酸1種類だけよりもペプチドは体内に長くとどまるので効能も長く続きます。

種類によって何か効能の差があるの?

ペプチドは大きく分けると植物由来(大豆、海苔、ごまなど)と動物由来(魚肉、卵、ホエイなど)ペプチドに分けられます。動物由来のペプチドは、アミノ酸の種類がバランスよく含まれていて人間の体のアミノ酸バランスに近いものです。大豆ペプチドは筋肉の疲労回復効果あるのでスポーツをする人が摂るとよい成分。植物由来でもアミノ酸バランスがよく良質だといわれます。イワシペプチドは高血圧が気になる人に、魚肉ペプチドは抗酸化作用があるので老化予防に、牛乳のたんぱく質を分解したホエイペプチドは筋肉を強くする、というようにそれぞれ効能に違いがあります。

コラーゲンペプチドに期待!

お肌のハリとツヤをキープするために欠かせない成分のコラーゲン。コラーゲンペプチドは、魚、牛、豚の皮などに含まれるコラーゲンを分解して体内に吸収しやすくしたものです。冷たくしても固まらないので美容飲料や健康食品のスープなどに配合されています。コラーゲンペプチドは、肌のターンオーバーを抑える「線維芽細胞(せいんいがさいぼう)」のはたらきを活性化させます。この細胞はコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなど美肌に必須の成分を作り出す重要な細胞です。豚由来のものは美肌効果効が高く、ビタミンC、たんぱく質、発酵食品とともに摂ると効果がアップします。睡眠1時間前を目安に飲むとよいとされています。

writer:松尾真佐代

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP