ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Apple Watchを心電図モニター装置に!専用バンド「Kardia Band」が間もなく発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

手元のApple Watchで心電図を測定し、心臓発作や脳卒中のリスクを減らせるようになるかもしれない。

米国の医療スタートアップAliveCorはこのほど、心電図が測定できるApple Watch専用のバンド「Kardia Band」を発表した。米国食品医薬品局(FDA)の認可を受けているという本格的なもので、今春発売予定だ。

・心房細動を感知

Kardia Bandは、センサー部分に親指を数秒当てると心電図を測定。データは専用アプリに送られ、ユーザーは分析結果をスクリーンで確認できる。

Apple Watchにも心拍センサー機能が搭載されているが、こちらはエクササイズ時の心拍などをチェックするためのもの。一方、Kardia Bandは医療機器そのもので、卒中などの主因となる心房細動も感知するという。

・発症予防に一役

FDAの認可を受けているだけあって、Kardia Bandで得られたデータは受診などへの活用が可能という。

万が一、異常が発見された時は、かかりつけ医とすぐにデータをシェアすることで、発症予防に役立てられそうだ。

Kardia Bandの価格はまだ明らかになっていないが、発売開始は間もなくとみられる。

AliveCor

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP