ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中西清起氏 坂口1番で不動打線組めればヤクルト連覇予想

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年のプロ野球は、前年最下位だったヤクルトが14年ぶりにリーグ優勝し、トリプルスリーを記録した選手がセ・リーグ、パ・リーグとも誕生するなど記録になる話題が多かった。今シーズンのプロ野球はどうなるのか。昨シーズンまで阪神で投手コーチを務めていた野球解説者の中西清起氏に、順位と個人タイトル獲得選手の予想を聞いた。

●セ・リーグ予想
(1)ヤクルト、(2)阪神、(3)巨人、(4)横浜、(5)広島、(6)中日

●パ・リーグ予想
(1)ソフトバンク、(2)オリックス、(3)日本ハム、(4)西武、(5)⑤ロッテ、7(6)楽天

 ヤクルトが今年も良い。オリックスから来た坂口(智隆)を1番に据えれば、川端(慎吾)、山田(哲人)、バレンティン、畠山(和洋)、雄平、大引(啓次)、中村(悠平)の不動の打線が組める。投手もオンドルセクと新外国人で後ろを任せられる。連覇の公算は高い。

 阪神は金本知憲監督になった緊張感をいかに持続できるか。(藤川)球児は先発でOK。前のように三振をたくさん取るのではなく、技術を駆使した円熟味のある投球をすればいい。セは昨年も貯金11で優勝だった。どこもチャンスはある。

 パは文句なしにソフトバンク。対抗するのは投打のバランスがいいオリックスか日本ハム。どちらもSB戦のエースの直接対決に勝つしか道はありません。残り3チームははっきり力が落ちる。特に楽天。投げる方が則本(昂大)だけでは苦しい。

●個人タイトル予想
セ=首位打者:梶谷隆幸(横浜)or山田哲人(ヤクルト)、川端慎吾(ヤクルト)、本塁打王・打点王:筒香嘉智(横浜)、最多勝:菅野智之(巨人)orジョンソン(広島)、藤浪晋太郎(阪神)、最多奪三振:藤浪晋太郎(阪神)

パ=首位打者・本塁打王・打点王:柳田悠岐(ソフトバンク)、最多勝、最優秀防御率、最多奪三振:大谷翔平(日本ハム)

※週刊ポスト2016年3月25日・4月1日号

【関連記事】
達川光男氏 セは優勝狙える広島、パはオリックスに注目
江本孟紀氏 セは中日が優勝、根拠は2つある
野球解説者・杉本正氏 和田毅のソフトバンク復帰は大きい

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。