ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【書評】「宅急便の父」が密かに抱えた「家庭の敗北」の衝撃

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『小倉昌男 祈りと経営 ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの』森健著/小学館/本体1600円+税

森健(もり・けん):1968年東京都生まれ。ジャーナリスト。早稲田大学法学部卒業。『「つなみ」の子どもたち』、『つなみ 被災地の子どもたちの作文集』(ともに文藝春秋)で第43回大宅壮一ノンフィクション賞、本作で第22回小学館ノンフィクション大賞。

【評者】鈴木洋史(ノンフィクションライター)

 優れたノンフィクションはしばしばミステリーの形を取る。人々が疑問を抱かずに受け入れてきた通説の中に謎を嗅ぎ取り、丁寧な取材によって事実を拾い集め、柔らかな想像力によって薄いベールを一枚一枚捲り、語られなかった真実へとついに辿り着く。ヤマト運輸の元社長・会長で「宅急便」の創設者として知られる故小倉昌男。その評伝である本書はそんな作品であり、既存のものとはまったく異なる。

 従来のメディアで語られてきた小倉像に、著者はどこか引っ掛かりを感じていたという。経営の第一線から身を引いてから46億円もの私財を投じて障害者福祉に取り組んだが、その明確な動機がいまひとつ伝わってこない。

「名経営者」「闘士」が通り相場だったが、一度だけインタビューしたことのある実物は哲学者のような風貌でぼそぼそと喋り、「闘士」からは程遠かった。最晩年、ガンに蝕まれ、長時間の旅行にはリスクが伴ったにもかかわらず、娘一家が住むアメリカに渡った行動にも疑問を覚えた。もしかしたら〈まだ語られていない言葉や背景〉があるのではないか。だとしたら〈本当の小倉昌男〉はどんな人物だったのか……。著者の探訪は始まった。

 生前、小倉が関わった福祉関係者や今も命日に小倉を偲んで集まるヤマト関係者らの取材を進めるうちに、次第にこれまで語られてこなかった小倉像が見えてきた。小倉は宅急便事業で同業他社との競争に勝利し、訴訟まで起こして霞が関の規制と闘って勝利した。だが、著者はこう書くのだ。〈この期間、小倉はもう一つ大変な闘いを抱えていた。そして、そちらでは小倉は勝った例がなかった。戦場となっていたのは家庭だった〉。

 具体的に言えば、親のコントロールの効かない娘の行動を巡って妻と娘が対立し、「娘を教育できていない」と周囲から非難された妻はアルコール依存症になるまで悩みを深め、しかし小倉はふたりの間で板挟みになって狼狽するばかりだった。

 やがて娘は小倉家が受け入れがたい相手との交際を進めていく。その頃、クリスチャンだった小倉と妻はその交際をやめさせようと、2年もの間ほとんど毎日早朝の礼拝に通い、祈り続けた。だが、願いはかなわず、しかも妻は59歳の若さで急死する。それに直面した小倉は、それまで見せたことのないほど動揺した。そこから浮かび上がってくるのは、祈りに頼るしかないほどの深い葛藤を抱えた弱い人間の姿である。

 著者の取材はさらに森の奥深くへと分け入り、ある衝撃的な事実を掴み、娘へと辿り着く。そこに至って初めて、通説の中に嗅ぎ取った謎がすべて氷解する。衝撃的な事実が何であるか、もちろんここで明かすわけにはいかないが、下種な暴露話にならず、衝撃はやがて静かな感動へと変わり、救いのある読後感になっていることだけは書いておきたい。

 そうなった理由のひとつは誇張や虚飾のない文章が象徴する著者の誠実な取材姿勢にあり、もうひとつは、小倉の生前には小倉にとってアキレス腱だった娘が魂の救済と再生の道を歩み始めていることにある。著者が小倉についての取材を始めたとき、娘がそうした段階に入っていたことはたまたまの幸運であるに違いない。だが、成功したノンフィクションはしばしば幸運に恵まれる。近年出色の、祝福された作品である。(文中敬称略)

※SAPIO2016年4月号

【関連記事】
伊勢谷友介主演 日航機事故を父目線から追ったドラマの原作
「互いの違い知り相手を尊重」日中韓友好のヒント与える新書
ネパール共産党毛沢東主義派の18歳女性兵士を追いかけた本

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP