ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北海道新幹線の車内はリラックス空間でトイレも広々

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いよいよ北海道新幹線が3月26日に開業する。その開業前に、女性セブン記者は北海道新幹線に試乗してきた。車内はどんな感じ? 新函館北斗駅周辺はどうなってるの? など、気になる部分をレポートする。

 本州と北海道を結ぶ青函トンネルが完成してから、29年──ついに新幹線が海を渡り、北の大地へとつながった。これで東京~新函館北斗駅の所要時間は最短4時間2分になる。

 実際に記者が乗ったのは新函館北斗~木古内間の往復。新幹線が動き出すと、車窓からは雪一面広がる北の大地が飛びこんでくる。開業に併せてつくられた新函館北斗駅は、北海道の新たな玄関口として多くの人に利用されることになるが、今のところまだ周辺施設は少なく、正直ちょっぴり寂しい。

 これからさまざまな商業施設がオープンする予定だという。だが、はこだてライナーに乗り換えれば函館駅まで最短で15分で到着。五稜郭や函館朝市どんぶり横丁市場まではもう目と鼻の先なのだ。2030年度末には、新函館北斗駅~札幌駅区間が開業予定。北海道の夢は広がるばかりだ。

 車内は乳製品をイメージしたクリーム色で、柔らかい雰囲気に。座席に座ってみると頭部に付いている可動式ヘッドレストは上下に動き、自分の好きな位置で固定することができ、リラックスできる。普通車の壁や天井の一部は木目を採用。床は雪の結晶をアクセントにしている。電動車いすに対応した大型トイレも完備。誰にでも使いやすい広々とした空間だ。

※女性セブン2016年3月31・4月7日号

【関連記事】
新幹線で注目の函館グルメ 豪華魚介が乗った「朝市丼」
元新幹線運転士の著者ならではのエピソードが満載された本
新幹線開業で勃発する「函館ホテル戦争」の期待と不安

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP