ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パク・サンウ 軍で出会ったユンホとジェジュンとの深い交流

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在兵役中の東方神起ユンホ(30才)とJYJジェジュン(30才)。もともとは東方神起として同じグループとして活動していた2人だが、2010年にJYJの3人が独立して以来、共演は一切なかった。

 そんなユンホとジェジュンは、2015年10月2日、韓国軍主催のイベント「地上軍フェスティバル」で奇跡の共演を果たす。ユンホがMCを務める舞台にジェジュンが登場し、「アリラン」を披露したのだ。

 そして、このイベントで2人と共演していたのが歌手のパク・サンウ(29才)だ。サンウは、イベントの開幕式でユンホといっしょに東方神起の名曲 『Something』を披露。歌やダンスはユンホ本人がサンウに教えてくれたという。

 サンウは、イベントでの様子を語ってくれた。

「軍の上層部がジェジュン兄さんに、開幕式で何か一曲歌うようオファーしたところ、彼が選んだのは『アリラン』でした。兄さんはその後、“一緒に歌おう”ってぼくに声をかけてくれたんです。ユンホ兄さんと歌やダンスの練習をして、すぐにジェジュン兄さんと『アリラン』の練習をして…。2人の間を慌ただしく行き来する生活でした」

 練習期間中、ユンホとジェジュンが会うことはあったのか。ファンのみなが気になる疑問をぶつけてみた。

「練習は完全にパート別なので、会うことはほとんどなかったと思います。2人とずっと一緒にいたわけではないのでわかりませんが…。でも、本番ではちゃんと同じ舞台に立ちましたよね。あの盛り上がりは2人のおかげでした。

 実はジェジュン兄さんはイベント中、日光アレルギーで一度病院に搬送されているんです。ドクターストップがかかったのですが、“どうしても出たい”って、無理矢理に出演したんです。この舞台にかけるジェジュン兄さんの強い意志を感じました」

 サンウによれば、ユンホとジェジュンが同じ場に顔を揃えたシーンは、本番だけでなく、イベント終了後にも訪れたという。

「閉幕式の後、大きな食堂に集まってみんなで食事会をしたんです。参加者全員が集まりました。もちろん、ユンホ兄さんもジェジュン兄さんも。軍隊なのでお酒は出ませんが、とても楽しい時間でした…」

 2人の邂逅は確かにあったのだ。

 “ユンジェ”の愛称で親しまれ、練習生時代から親友だった2人はこの日、同じ席で喜びを分かち合っていた。サンウが2015年末に除隊した時のこと。ユンホとジェジュンはこんな言葉をかけてくれたという。

「“おれが除隊するまでにサンウがスターになっていたら嬉しい”ってユンホ兄さんが言ってくれて。嬉しかったです。ジェジュン兄さんは“おめでとう! 羨ましい!”のひと言(笑い)。時間はすぐに過ぎるからと励ましたら、“そうだったらいいのに…”と言っていましたね。彼は早くファンの前でまた活動したい様子でした。そうそう、ジェジュン兄さんからはプレゼントもいただきました。兄さんがアートディレクターを務めるファッションブランドのお財布と象さんの人形。大切なものです」

 サンウは除隊した今も、ユンホとジェジュンと交友を深めている。

「軍隊は定期的に休暇があるので、彼らがソウルに帰ってきた時は会います。お茶したり、カラオケに行ったり、ボウリングしたり。特にユンホ兄さんボウリングが大好きですから。先月、ユンホ兄さんの誕生日があったので、友人みなで集いました。主賓なのに、パーティーの会計は全部兄さんが済ませてしまって…。本当に男らしい人です。ジェジュン兄さんとは2か月前に会いました。彼はカラオケよりも人と話すことが好きなので、会えばずっとしゃべりっぱなしです。軍隊のこと、将来のこと。いろいろと」

 ちなみにサンウはJYJのジュンス(29才)とも仲良し。2014年にミュージカル『December』で共演して以来、折に触れて連絡を取り合っているという。

※女性セブン2016年3月31・4月7日号

【関連記事】
元同僚が明かす東方神起ユンホとJYJジェジュンの軍隊共演
JYJジェジュン 「浴槽キスし泡つけあいたい」と爆弾発言
東方神起 来年、韓国で5人で復活する動きがあると現地記者

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP