ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

作りたい!の気持ちが先走る、手作り育児グッズ。実際作って良かった&失敗はコレ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

f:id:akasuguedi:20160318094334j:plain

もともと物を作ったりすることが大好きだった私。

初めての子供を妊娠し、つわりで苦しみながらも

「落ち着いたら何を作ろうかな~」

と考える事だけが楽しみでした。

2カ月ほどで悪阻が落ち着き、待ってましたと言わんばかりに手芸用品店に行きました。

どうしても最初に作りたかった物…それは赤ちゃんの退院時に着るベビードレスです。

赤ちゃん用の毛糸で少々お高いお値段でしたが、奮発しました。

鉤針編みは初めてだったので途中つまずいてしまい、以前の職場(悪阻が酷くて退職しました)にお昼休みに行って、先輩に教えてもらいながら、3か月ほどかかって作り上げました。

しかし、今考えると、「マタニティ・ハイ」だったんです…。

赤ちゃんが生まれて退院する時の事を考えずに、作っていたのです。

それに気付いたのは、出産間近でした。

実は我が子の出産予定日は9月。

まだまだ残暑がつづいており、巷では長袖どころか半袖の季節で、ベビー服の上にニットのベビードレスなんてとても着せられる時期ではありませんでした。

もう、そのままお蔵入りでした。

それから7年後、下の子の妊娠がわかりましたがその子の出産は5月。

『次こそは着せられる』と期待もすることなく、たんすの中で眠ったままでした。

ベビードレスと反対に、作って良かった物もありました。

キルティングの布で作ったプレイマットです。

布の端に鈴や、手で押すとブーブー鳴る笛みたいなものを入れたマスコットをつけたり、上げたり下ろしたりできるファスナーをつけたりしました。

真ん中には、そこに寝かせると身長計として使えるよう、数字を縫いつけてみました。

子供が、ずりばいができるようになると自らマットの方に進んで遊んでいました。

マスコットなどはフェルトで作っておりすべて洗えるものだったので、汚れた時には気兼ねなく洗えたので良かったです。

下の子の時にも大活躍しました。

洗濯のしすぎで毛玉がすごかったですが、子供が遊ばなくなった後もオブジェとしてしばらく置いていました。

他にもおくるみやスタイ、ガラガラなどを作りましたが、使った物、使わなかった物さまざまです。

後悔はありませんが、もう少し使うか使わないか考えてから作ればよかったなあと思いました。

f:id:akasuguedi:20160318094309j:plain

著者:ぽにょ

年齢:40歳

子どもの年齢:8歳 2歳1カ月

7年ぶりに高齢出産で2人目を出産しました。年齢には勝てず、毎日ヘトヘトになりながら育児をしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

一本で何役もこなす、育児の強い味方!愛情たっぷり手作りスリングで赤ちゃんも安心
お宮参りで「花嫁の母」気分…世界に一つのベビードレスはママのドレスをリメイク!
不器用だけど手作りしたい!有り余るパッションで、可愛いベビーシューズできました

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。