体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京駅すぐ】ライブレストラン「COTTON CLUB」で、手の届く贅沢な夜を。

COTTON CLUB

東京駅丸の内南口より徒歩2分。

TOKIAの2階に、今回ご紹介する「COTTON CLUB」はあります。

駅近の商業施設内とあれば、かなり敷居は低くなるもの。

ふらりと仕事帰りにいらっしゃる方も少なくないそうです。

「COTTON CLUB」では、ジャズ、ソウル、AOR、ファンク、ラテン、ワールドミュージックなどを中心に世界的に活躍するビッグ・アーティストたちが連夜出演しています。

ジャズやソウルなど、「よく分からないから楽しめるか不安…」と声が聞こえてきそうですが、ご心配は無用。

COTTON CLUBは初心者でも楽しめる素敵な夜を、私たちに提供してくれます。

実際に、編集部が体験してきました。

システム・料金

食事とお酒を味わいながら、生演奏の音楽にしっとり酔えるレストランです。

日によりアーティストや時間は異なるので、公式HPのスケジュールを見て予約しましょう。

夕方と夜の1日2回公演があり、それぞれ開場時間と開演時間が明記されています。

かかる料金はミュージックチャージ、飲食代、サービス料(10%)。

ミュージックチャージは1人6,000~10,000円ほど、飲食代とあわせて1人10,000円~15,000円程度が予算目安です。

大人を大人たらしめる、ラグジュアリーな空間

COTTON CLUB

COTTON CLUBは、青山にある「BLUE NOTE TOKYO」の姉妹店で、2005年にオープンしました。

BLUE NOTE TOKYOより席数は少なく、コンパクトな作りとなっており、アーティストと近いのが魅力です。

COTTON CLUB

入口の向こうは、1920年代のN.Y.「コットンクラブ」。

黄金期の華やかさを東京に甦らせたイメージで作られています。

ドレスコードはないものの、いつもより少しおしゃれをするほうがベター。

落ち着いた赤が基調で、気品ある雰囲気に心も踊ります。

COTTON CLUB

名前を言えばサッと入れる、チケットレスがなんともスマート。

スタッフの方に来場順に案内されるまで、ちょっとホワイエで休憩をしましょう。

COTTON CLUB

2nd showの前のみですが、受付近くにウェイティングバーが置かれます。

緊張をほぐすため、開場までに少しお酒を入れては。

会場内より少し安い価格設定もうれしいですね。

COTTON CLUB

春になると、ここに桜の木が飾られるそう。

少しのドリンクと桜があれば、緊張している初心者の方も雰囲気に慣れてくるはず。

COTTON CLUB

会場に入り特に目立つのは、スワロフスキーで飾られた音符の輝くシャンデリア。

思わず見とれてしまう美しさです。

席をきちんと選べば、その夜はもっと心地よくなる

会場内には自由席と指定席があり、指定席にもいくつか種類があります。

COTTON CLUB

中央のテーブル席は、自由席。

ジャズがお好きで音楽をしっかり楽しみたい方は、開場すぐに到着し、前の席を取るのだそう。当日は、開場から30分程度で最前列あたりの席が埋まっていました。

テーブル席の奥、壁伝いにオレンジ色のシートが並んでいる列は指定席のSEAT-C。

2人でも過ごしやすく、肩肘はらずにカジュアルに過ごせます。

一段上がったシャンデリアの下に位置するのは、BOX-A席。

少し高い位置からステージが見え、かつ中央なので、特別な日にはぴったりです。

COTTON CLUB

自由席の魅力はなんといっても、このステージとの近さ。アーティストの汗まで見える臨場感は、ファンにとってはたまらないはずです。

COTTON CLUB
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。