ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大学卒業後も活かせる資格を取得しよう!おすすめ2選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大学を卒業したら、何の仕事に就きたいか悩んでいませんか?周りの人達は、どんどん就職内定をもらっているのに自分はなかなか決まらない。そんな時は、今後に活かせる資格を探して取得を目指してみてはいかがでしょう?「大卒」という資格以外に専門的な知識を得られる資格を取得すると就職に有利になりますのでオススメです!今回は、そんなあなたへいろんなジャンルの資格をご紹介します!

大学卒業後も就職に有利な資格!


専門職の知識を身につけよう!

大学卒業の学歴、つまり「大卒」という資格に加えて、資格を取得することが有利になることもあります。まずご紹介したいのは「基本情報技術者」という資格をご紹介!

「基本情報技術者」とはどんな資格なのか?

この「基本情報技術者」という資格は、IT関係や技術関係、エンジニアやクリエイターの企業に就職したいと思っている方に特に有利になる資格です。そして現在は、IT分野の企業だけでなくその他の企業でも求められる資格でもあり、就職の幅を広げています!そしてオススメするもう1つの理由として「基本情報技術者」の資格は、国の認める国家資格であることから持っていて損のない資格だということです。

「基本情報技術者」の資格を取得することで得られるメリット!

企業からの高い評価は必ずついてきます。そしてIT企業なら、未経験者でも入社後すぐに取得させる企業が多いので早めに持っておくと有利な資格です。大学在席中でも、この資格を持ってることで就職枠が優遇されることも実際に多くあります!そして、自分の独学では勉強できない知識も学ぶことができるのでスキルもとても上がり、就職以外にも活かすことが可能です。

医療に貢献できる就職に有利な資格!

「作業療法士」というリハビリ専門の国家資格です。現在、介護や医療の職場には人手不足という問題が生じています。その分野で資格をとることによって、就職できる可能性が他よりも大幅にアップし就職に有利な資格だと言えます。その他同じジャンルで言えば「介護福祉士」や「看護師」も国家資格であり、就職に有利なのでオススメできます!

リハビリ専門の「作業療法士」どんな資格なのか?

どこの大きな病院にも必ずある「リハビリテーション」を行う施設で、リハビリのプロとして身体や精神障害によって生活に支障をきたしてしまっている患者さんのサポートや助言をし、快適に生活が出来るように回復するお手伝いをすることの出来る資格です。

「作業療法士」の資格を取得することで得られえるメリット!

医療業界は人手不足という問題が生じており、特に近年急激に高齢化が進んでいるほか、ストレスなどが原因で精神的に病める方や小児発達障害などが増えてきています。そしてその影響で身体に異常をきたし、普通の生活を送るのも困難な方が多いのが現状です。そこで活躍するのが「作業療法士」です。

国家資格がやはり就職にも強い!

さまざまな資格がある中で、自分がどんな仕事をしたいかを考え、その仕事に合った資格を取得することは大切です。「大卒」と「資格」という2つの武器を持って就職に挑めば、非常に強みになります!国家資格は今回ご紹介した2つの資格以外にもまだまだたくさんあります。是非ほかの資格も探してみてください!

関連記事リンク(外部サイト)

児童に関わる資格特集
学生さん必見!就活に有利な資格3選
転職で評価されるスキルが身につく!おすすめ資格6選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP