ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

見た目は20歳、中身は73歳!? 多部未華子主演・映画「あやしい彼女」が4月1日ロードショー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「謝罪の王様」「舞妓Haaaan!!!」を始め、コメディ映画でヒットを連発してきた水田伸生監督の最新映画「あやしい彼女」が4月1日(金)に公開される。

本作は、“見た目は20歳、その中身は73歳”という、異色のヒロインが巻き起こす人生リセット劇! 誰にも言えない秘密を抱えた“あやしい彼女”こと、主人公・節子を演じるのは、愛され女優No.1の多部未華子。そして、多部と二人一役・若返る前の主人公を大女優・倍賞美津子が演じる。
 

誰も一度は考えたことがあるに違いない「もしもあの時、違う道を選んでいたら…」という究極のif(もしも)。激動の時代に女手一つで一人娘を育て、望むような人生を生きてこられなかった節子は、突然20歳の容姿を取り戻したことで、初めて“自分の望んだ人生”を歩み始める。
 

歌手になる夢を叶え、淡い恋をして…。そんな奇跡のような日々を送る中で、節子が改めて気づいたのは、自分が今まで生きてきた人生の意味と、本当に大切なもの。家族に襲いかかった危機を前に、節子はどんな選択を下すのか。コメディ映画の枠を超える深く大きな感動に、観る者すべてが、あたたかな涙に包まれること間違いなし!
 

【STORY】
下町の商店街を鼻歌まじりに闊歩する瀬山カツ(倍賞美津子)は、お年寄り仲間からも煙たがられる毒舌おばあちゃん。
自慢の娘・幸恵との仲も最近はぎくしゃく。女手一つで娘を育て、何かと恩着せがましい物言いをするカツに、ある日とうとう幸恵が爆発。喧嘩となり、思わずカツは家を飛び出してしまう。
そのままトボトボ夜道を歩いていると、見たこともない小さな写真館を発見。何かに吸い寄せられるように写真館に入っていくカツは、店主に言われるがまま、カメラの前へ。「私がこのカメラでお姫様にしてあげますよ」そう微笑んで、店主はシャッターを切った…。写真館を出たカツはバイクのミラーに映る自分を見て驚愕する…。そこには20歳に若返った自分(多部未華子)の姿があった!

笑いあり、涙ありの究極のエンターテイメントをお見逃しなく!

■映画「あやしい彼女」
公開日:2016年4月1日(金)
出演:多部未華子、倍賞美津子、要潤、北村匠海、金井克子
監督:水田伸生

映画「あやしい彼女」 公式サイト
http://ayakano.jp

©2016「あやカノ」製作委員会
©2014CJ E&M CORPORATION

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP