ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LG 、Snapdragon 652を搭載した「G5」の派生モデル「LG-H840」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LG が Snapdragon 652 プロセッサを搭載した「G5」の派生モデル「LG-H840」を中米のパナマで発表しました。MWC 2016 で発表された通常の G5(LG-H850 / H860)は Snapdragon 820 プロセッサを搭載していますが、今回発表された「LG-H840」は 2.0GHz 駆動の Snapdragon 652 オクタコアプロセッサを搭載しています。CPU のコア数は Snapdragon 820 よりも多いですが、コア自体の性能は低く、GPU のグレードも下がるので、性能的には通常版よりも低いと言えます。また、メモリ容量も変化が見られ、LG-H840 には 3GB RAM + 32GB ROM モデルと 4GB RAM + 32GB ROM モデルが用意されています。他の仕様は通常版とほぼ共通している模様です。モジュラーデザインはもちろん LG-H840 でも同じで、Android 6.0、背面に 1,600 万画素 + 800 万画素のデュアルカメラ、2,800mAh バッテリーなどを搭載しています。Source : LG Panama

■関連記事
Galaxy S6 / S7でroot化せずにDPIを変更するアプリ「Display Scaling」がリリース
2016年3月の国内MVNO市場、利用者シェアのトップはOCNモバイルONE
Xperia Z3+(Xperia Z4)におけるAndroid 6.0.1の変更点を写真で紹介

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。