ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【世界初】まるで秘密基地のような「十字型テント」に、ワクワク感が止まらない!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

あえて誤解を恐れずに言うならば、近ごろ流行りのグランピングとは“対極”にあるテント。そう言い切ってしまえるのは、この「クレイジーエックス」が、野外で快適に過ごすために作られたものではないから。イメージしたのは、子どもの頃に思い描いた秘密基地のように「不便だけどワクワクする」、そんな空間です。

野外フェスやキャンプで
友達と盛り上がりたい!


「クレイジーエックス」は、4つの寝室スペースと、それらをつなぐ中央のミーティングスペースで構成された十字型のテント。野外フェスなどのキャンプサイトでも見つけやすいカラフルな迷彩デザイン。ネーミングも実にナイスです。

ミーティングスペースでは、4人が顔を合わせて談笑したり、トランプなどで遊んだりすることが可能。テント内は座ることも両手を広げることもできないくらい「狭い」のですが、寝そべりながらみんなで話をするワクワク感はたまりません。

ラクラク設営!
超軽量・コンパクト収納

設営・撤収は、初めての人でも簡単にできるワンタッチシステムを採用。 ロープを引っ張るだけで中央部分を展開でき、寝室スペースを固定すれば完成します。通常のテントと比べて高さが低いため、大型野外フェスが開催されるような開けたキャンプサイトでも、風の影響を受けにくい構造と言えるでしょう。

4人用テントでありながら、重量約3.6kg、サイズ直径21×54cm程度に収納可能。電車やバスなど、野外フェス時に混雑する公共交通機関での移動も楽に行えます。

ミーティングスペース上にあるトップシートの下はメッシュ生地。真夏の暑い時期でも快適に眠れます。4人で星を眺めることもできますよね。

夜間、中に灯りを入れれば宇宙船のような不思議な形が浮かび上がります(※画像は開発段階のサンプル)。

「クレイジーエックス」の価格は18,000円(税別)。ちなみにテント内への入口は個別に設置されており、絶妙な距離感とプライバシーを確保できる模様。これで友達とのキャンプが一層盛り上がること間違いなし!

Licensed material used with permission by DOPPELGANGER OUTDOOR(R)

関連記事リンク(外部サイト)

アナタも経験あるはず!帰国後すぐ、旅に出たくなる「10の理由」
1日だけ別荘気分を味わうなら、葉山の「THE HOUSE」がオススメ!
英国の雰囲気たっぷり。京都にある「ドゥリムトン村」がおとぎ話に出てきそう・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP