体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3/20(日・祝)開幕!「瀬戸内国際芸術祭2016」の楽しみ方

「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞台に、春・夏・秋の三期に分けて開催されます。

春会期は3月20日(日・祝)にいよいよ開幕。ここでは、その見所をピックアップして紹介しましょう。

01.
直島

「ベネッセハウス ミュージアム」「家プロジェクト」「地中美術館」などにより、現代アートの聖地として一躍有名になった直島。島内バス、レンタサイクル、徒歩が主な移動手段です。レンタサイクルを利用する際は安全運転で。

ANDO MUSEUM

3/20(日・祝)開幕!「瀬戸内国際芸術祭2016」の楽しみ方

設計:安藤忠雄
撮影:浅田美浩

外観は古い民家の姿を残していますが、内部は打ちっぱなしのコンクリート空間。照明はなく、自然光とその影が奥行き感を与えます。

直島パヴィリオン

3/20(日・祝)開幕!「瀬戸内国際芸術祭2016」の楽しみ方

所有者:直島町
設計:藤本壮介建築設計事務所
写真:福田ジン

大小27の島々で構成される直島の「28番目の島」というコンセプトで、宮浦港南側に設置。蜃気楼で海面に浮かんでいるように見える「浮き島」を表現しています。夜間は写真のようにライトアップされ、内部に入ることも可能。

02.
豊島

縄文時代の遺跡が点在する、棚田が広がる豊かな島。海山の幸に恵まれ、食に関わるプロジェクトも始まっています。ここでも、島内バス、レンタサイクル、徒歩が主な移動手段

豊島八百万ラボ

3/20(日・祝)開幕!「瀬戸内国際芸術祭2016」の楽しみ方

施設完成イメージ
作家:スプツニ子!
提供:成瀬・猪熊建築設計事務所

アーティスト・スプツニ子!の作品が瀬戸内国際芸術祭に登場。先端科学とアートとのコラボレーションにより、新たな神話を生み出そうとする施設が誕生しました。

あなたが愛するものは、
あなたを泣かせもする
(日本フランチャイズ
バージョン)

3/20(日・祝)開幕!「瀬戸内国際芸術祭2016」の楽しみ方

作家:トビアス・レーベルガー
撮影:中村脩

視覚的に大きなインパクトがあるこの空間は、建物自体がまるごと作品となったレストラン。迷彩柄やストライプ、水玉などの模様が天井や床、壁、テーブルに施されています。

島キッチン

3/20(日・祝)開幕!「瀬戸内国際芸術祭2016」の楽しみ方
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。