ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山口組元顧問弁護士 「夢は分裂した山口組をおさめること」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 山口組の顧問弁護士として名を馳せ、極道の世界の内幕を描いたベストセラー『悲しきヒットマン』の著者としても知られる山之内幸夫元弁護士(70)。現在は身を引いているが、彼はいま、山口組の分裂騒動をどう見ているのか。

 * * *
 今、山口組が六代目側(組長・司忍氏)と神戸側(組長・井上邦雄氏)に分裂し、小さないざこざが頻発していますよね。そのたびにヒヤッとする。

 僕は幸いにもどちら側からも信頼されている。だから、どちらにも言ってますよ。大きな間違いだけは起こさないでくださいね、と。今やってしまったら、取り返しのつかないことになりますから。

 懇意にしていた竹中(正久=四代目山口組組長)さんや、宅見(勝=のちの五代目山口組若頭)さんが殺されたときも、何とも言えない気持ちになりましたもんね。なんと残忍なことをするんや、と。

誰かが殺されるのを見るのはもう嫌です。そのせいで、誰かが長い懲役刑に服さなければならなくなるのも嫌。神戸側の井上さんは一緒に仲よくカラオケを歌った仲。六代目の司さんもCDデビューしたことがあるくらいで二人とも、とてもうまいんですよ。演歌をよく歌ってましたね。

 弁護士のままだったら、両者の仲裁をしたりとか、そこまではできなかったと思います。だから今は、ただの老人でいい。今の僕の夢は、分裂した山口組を、世間に迷惑かけぬよう、なんとかおさめることですね。

●やまのうち・ゆきお/1946年、大阪府出身。早稲田大学法学部卒。1972年司法試験合格。1984年頃より山口組顧問弁護士に。1988年、『悲しきヒットマン』を上梓しベストセラーに(のち映画化)。2014年末、建造物破損の教唆の罪で起訴され、2015年末、有罪判決確定。弁護士資格を失う。

※SAPIO2016年4月号

【関連記事】
山口組元顧問弁護士 「顧問料は月20万円でした」
暴排条例対策で山口組 破門状は郵送からファクスに切り替え
38年ぶりに新創刊の山口組新報 俳句や川柳、釣り特集もあり

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP