ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

衆参ダブル選挙 18歳選挙権拡大が混乱の大きな火種に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 永田町では今夏の衆参同日ダブル選へ向けて与野党がひた走っている。しかしダブル選挙となれば有権者は1度に5回の投票(衆院選小選挙区、衆院選比例代表、参院選選挙区、参院選比例代表、最高裁判事の国民審査)を行なわなければならなくなるなど大混乱が予想される。今回の選挙から実施される18歳への選挙権拡大も混乱の大きな火種だ。

 自民党の茂木敏充・選対委員長は、党の会合で参院選の投開票日について「7月10日より前になることはない」と言明しており、安倍首相が衆参ダブル選挙に踏み切る場合、国会日程からみて会期末の6月1日に衆院を解散、参院選は6月23日、衆院選は6月28日に公示され、「7月10日投開票」の日程が最有力視されている。

 この日程が18歳の新有権者にパニックを広げかねない。政治ジャーナリストの藤本順一氏が指摘する。

「公選法には3か月以上その選挙区に居住していなければ投票権が与えられない規定がある。しかし、18歳の春は進学や就職などで転居する人が非常に多く、前の住所で投票しなければならないケースが続出するはず。新しい住所の選挙区で投票できると思い込み、せっかく選挙権を得たのに投票できない若者も大量に生まれるのではないか」

※週刊ポスト2016年3月25日・4月1日号

【関連記事】
衆参ダブル選挙 NHKで長時間政見放送流れることに
衆参W選 候補者・スタッフ・マスコミ・選管が大混乱
衆参ダブル選挙 投票の判断基準失わせる未曾有の大混乱

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP