体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スティーヴン・スピルバーグとハリソン・フォード、映画『インディ・ジョーンズ』の5作目の製作に再結集

'Indiana Jones': Steven Spielberg, Harrison Ford

スティーヴン・スピルバーグ監督と俳優ハリソン・フォードが、2019年7月19日に公開予定の5作目の映画『インディ・ジョーンズ』を製作する。3月15日火曜(現地時間)、米ウォルト・ディズニーが発表した。

同スタジオは「大ヒットシリーズの5回目の最高の冒険」と表現し、加えて「過去4作品のすべてを監督したスティーヴン・スピルバーグ監督が、まだタイトルのない新プロジェクトの指揮を執り、俳優ハリソン・フォードがアイコン的な役を再演する。プロデューサーは、シリーズのベテランであるキャスリーン・ケネディとフランク・マーシャルが務める」と発表した。

向こう見ずな考古学者の新たなシリーズ作品の制作は、多額の予算を投じるシリーズ作品に焦点を当てるというディズニーの戦略に沿っている。これは多くの観客を引き付けることができるだけでなく、例えばテーマパークのアトラクションや商品化など、多メディアを通じた無数のビジネスチャンスを生み出す。インディ・ジョーンズの第1作目である映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』は、1981年にデビューした。そして、シリーズの最新作は、2008年に登場した『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』である。

ディズニーのアラン・ホルン会長は、ジョーンズのキャラクターを「映画史上、最も偉大なヒーローの1人」とし、「これほど完璧なディレクター、プロデュース、俳優、そしてキャラクターの組み合わせは珍しい。ハリソンとスティーヴンと共に、再びこの冒険に乗れることに、これ以上ない興奮を感じている」と加えた。

1984年の映画『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』と1989年の映画『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』を含むこれまで4作品のジョーンズ映画は、全世界で20億ドル近くの興行収入をもたらしている。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会