体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

外国人が日本に来たときに衝撃を受ける10の瞬間

きっと今日も多く外国人が日本を訪れています。しかし、いったい何のために日本に来るのでしょうか?

様々な理由はありますが、多くの旅行者が「非日常を味わいたいから」という気持ちをもって日本に来ていることは間違いないでしょう。

しかし、そんな非日常を味わいに来た外国人でさえ、ぎょっとしてしまう文化が日本にはあるようです。

今回はそんな外国人が日本を訪れて味わった衝撃的な出来事をまとめました。

 

写真を撮るときはとりあえず「ピースサイン」

1895992815_79c2b61612_o-583x437

photo by  Gabiearodriguez

日本人なら写真を撮影するときにとりあえずとってしまうポーズ、「ピースサイン」はどうやら欧米系の外国人から見るとだいぶ不思議なポーズのようです。

「なんでみんな同じポーズなの?」、「勝利を意味するサインじゃないの?」などなど、いろんなポイントが外国人の目には不思議に映ります。

 

また、イギリスなどでは「裏ピース」には相手を侮辱する意味があるため、裏ピースをして写真撮影なんてしたら、不思議を通り越して不快にさせてしまうかもしれませんので、気を付けましょう。

 

直接『床』に座る

5416006116_7d7d2e6b10_b

photo by akaitori

日本のみならず海外にも直接『床』に座る文化はありますが、日本の家には部屋の中にイスもソファもあるのにわざわざ床に座るのが、外国人目線では意味不明!

家の中でも靴を履いたまま生活する文化圏の外国人は特に「床は汚れているもの」という意識が強く、床に直接座ることに抵抗があるようです。

 

麺をすする

40821609_f6a38ce8a8_b

photo by  showbizsuperstar

西洋人が日本で食事をするときに衝撃を受けるのが、「麺をすする」という文化。実は麺を食べるときに音を出すのは重大なマナー違反という国は少なくないのです。

とはいえ、麺をすすって食べるのは日本の麺料理を食べる上で欠かせない食べ方。

アツアツの麺はすすることでちょっぴり冷めて食べやすくなりますし、冷たい麺はのど越しをより楽しめるようになるのです!

 

だから、外国人と日本の麺を食べる機会があったら、「こっちのほうがおいしいから!」とすすって食べる方法を伝授してあげましょう。

 

相づち

852827089_8bc103bd8b_b

photo by  celesteh

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。