体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

美味しい”海老フライ”をイマジンしたら神保町が浮かんだ件 @『キッチンマミー』神保町

mom-aset021_R

神保町と言えば”本とカレーの街”ですが、何気にカレー以外の食べ物も美味しい店が揃っています。

というわけで、ジワジワと神保町のグルメを世に広めつつある筆者ですが、今回は神保町でも筆者の大好きな『キッチンマミー』を紹介してみましょう。

神保町の母の味『キッチンマミー』

mom-aset017_R

50年近く営業している『キッチンマミー』は、まさに”神保町のお母さんの味”と呼べる料理を格安で提供し続けています。

いや、オカンの味と言ってもメニューは”揚げ物100%”という潔さで、お袋の味というよりはガッツリ系のパワーメニューで御座います。

mom-aset002_R

しかし!

ちょいちょい学生も多い街なので、1000円以下で美味しいフライ料理がガッツリ食べられるというのは、非常に魅力的かと存じます。

mom-aset000_R

また揚げ物だから中高年のサラリーマンに人気が無いのかといえば、むしろ人気があり過ぎてランチタイムはチョイチョイ並ぶ勢いで御座います。

神保町に愛されて40数年、まさに神保町の胃袋を支える名店のひとつと言っても過言ではないでしょう。

『Aセット』を所望する!

mom-aset003_R

豚ヒレカツ、海老フライ、ポテトコロッケ、メンチカツ、若鶏スティックフライ、メンチカツを基本に、季節の”牡蛎フライ”を組み合わせたメニュー構成の『キッチンマミー』で御座います。

ゆえに、多くのセットメニュー的な何かで構築されているので、ここはひとまず

「自分が一番好きな揚げ物&気になる揚げ物」

で決めるのが良いのではないでしょうか? と、なると”海老フライ”と洋食的に気になるメンチカツの組み合わせ、すなわち

『Aセット』(海老フライ2本 メンチカツ1枚 ライス味噌汁)

で決まりで御座います。季節限定である”牡蛎フライ”も気になるのですが、まあ記事的にはオーソドックスな方がベターなので、ここは『Aセット』で間違いないと思われます。

『キッチンマミー』の『Aセット』を食す!

mom-aset020_R

盛りが凄いと噂の『キッチンマミー』ですので、この日は3本撮りの一発目に予定を入れました。なのでコンディションは100%、朝も抜いているので戦闘力も100%と完璧な仕上がりで『キッチンマミー』に挑みます。

ちょいちょい並んで入店、カウンターに座るとドレッシング的な何かがボトルごと置いてあります。

「調味料をボトルごと出す店は名店である!」

という説がありますが、このような些細な部分も含めての飲食店ですので、これは期待が高まりますね。

mom-aset022_R

「ほほう……これは噂通りの盛りっぷりではなかろうか?」

誰もが満足出来るボリュームとカロリーが大きな皿に積まれています。お客さんの女子率がゼロ%、完全にメンズの世界になっているのも納得で御座います。

mom-aset025_R

特にインパクトがあるのが、開かれた海老フライの大きさでしょうか?

若干、海老フライと言うと”偽装食品”と呼べるレベルの、インチキ海老フライが脳裏を過ぎります。衣ばかり大きくて、実は先端まで海老は入っていないんじゃないのか?

mom-aset028_R

「安心して下さい。ちゃんと入ってますよ!」

すでに食べちゃったので写真じゃ分かりませんが、この『キッチンマミー』の料理に嘘はありません。

海老フライが開いてあるので、通常の海老フライよりも衣の面積が大きく、サクサク感は1.25倍増しで御座います(当社比).

mom-aset027_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。