ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米ワーナー・ブラザースによるリブート版映画『キャノンボール』、イータン・コーエンが監督に決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫


本紙ヴァラエティが情報筋から確認したところによると、コメディ映画『Get Hard(原題)』の監督を務めたイータン・コーエンが、米ワーナー・ブラザースによるリブート版『キャノンボール』の脚本と監督を手掛けることが決まった。

米ワーナー・ブラザースは、最近同作の権利を獲得し、アンドレ・モーガンとアラン・ガスマーがプロデュースする。オリジナル版の映画シリーズ『キャノンボール』は、アメリカ大陸横断の非公式のレースに集まった参加者たちが、勝利のために手段を選ばない競争を繰り広げるというストーリーで、バート・レイノルズ、フランク・シナトラ、ロジャー・ムーア、ディーン・マーティン、サミー・デイヴィス・Jr、ドム・デルイーズが主演した。

米ワーナー・ブラザースは、オリジナルの映画シリーズの著作権所有者であったブロック・イェーツ、ハル・ニーダム財団、フォーチュン・スター・エンターテイメントから、オリジナルの映画シリーズについての全ての続編とリメイク製作の権利を獲得した。リブート版『キャノンボール』は、アルバート・S・ラディとレイモンド・チョウが、エグゼクティヴ・プロデューサーを務める。

ジェシー・アーマンとジュリア・スピロが、米ワーナー・ブラザースを管理する。

コーエンは、ジャスティン・セローと共同脚本を手掛けた映画『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』がヒットしたことで突如として映画界に登場し、その後も『メン・イン・ブラック3』や『マダガスカル2』の脚本を手掛けた。最近では、ウィル・フェレルとケヴィン・ハートが主演する映画『Get Hard(原題)』で脚本と監督を務めた。コーエンは、CAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)、モザイクと代理人契約を結んでいる。

権利交渉は、WME(ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント)とグリーンバーグ・トローリッグ法律事務所のアラン・シュワルツ弁護士によって行われた。このニュースは、Deadline Hollywoodが最初に報じた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP