ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

毎年秋になると即完売!「九州産オリーブ」人気の理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パスタやカルパッチョ、アヒージョなど、イタリアンやスペイン料理に使われることが多いオリーブオイル。各国の料理に頻用されていることからわかるように、オリーブの産地は、地中海沿岸が中心ですが、最近では日本の小豆島産も人気ですよね。
日本ではオリーブ=小豆島といったイメージがが強いですが、今九州産オリーブもジワジワと話題になっています。

ジワジワといっても、その人気は相当なもの。なんせ発売と同時に即完売しているそうですよ!

どうして今、九州でオリーブ?

オリーブ栽培に適した気温は、平均気温16℃~23℃といわれています。そんな気候条件をクリアするのが、温暖な環境の九州。今この地では、地域活性の起爆剤として、オリーブに関する事業を展開中です。地域的にも、佐賀県伊万里市や鹿児島県霧島市、大分県大分市など、その輪が九州内でどんどん拡がっているそう。

即完売するオリーブとは?

5000年以上も前から地中海沿岸で栽培されてきたオリーブ。
九州での生産の歴史は浅いものの、秋に収穫される九州産オリーブで作った加工品は、予約販売を開始すると毎年、即完売状態に!

仕掛け人は、「九州発のオリーブで日本を元気にしたい」と、オリーブ事業を展開する福岡市の団体「オリーブジャパン」。
同団体によると、なかでも人気なのはエキストラバージンオリーブオイル(4,320円/税込)や、青い実を塩水漬けにしたオリーブ新漬け(1袋 648円/税込)。

毎年10~11月頃「オリーブジャパン」の通販サイトで予約販売しています。

九州オリーブが人気の理由

一体どうして、九州のオリーブはこんなに人気なのでしょうか。「オリーブジャパン」の中山芳美さんに聞きました。

「九州産100%のオリーブオイルは、果実を収穫後24時間以内に搾っていて、鮮度にとことんこだわっています。生産者の顔が見えるうえ、搾油工程でも何も足さない、何も引かない正真正銘のエクストラバージンオイルだからだと思います」

安心・安全な食材を求めるニーズに応えていることが、人気の秘密なのかもしれませんね。
また、前述の「オリーブ新漬」を加工品も人気です。

「オリーブを渋抜きし、保存料は不使用。塩水だけで仕上げたシンプルな味わいです。それだけに賞味期限が短いのですが、一度口にするとやみつきになりますよ」

ん〜、素材のをそのまま生かした美味しさ、ぜひ味わってみたいものです。まだまだ希少な九州産のオリーブは、生産量が少ないだけに、オイルや塩水漬けの数には限りがあるそう。新鮮で高品質の九州オリーブ、今年の秋こそはリザーブを!

Q.九州産のオリーブ、知ってた?
・知らない。そもそも季節があるとは!・知ってたけど、口にしたことがない・すでに愛用しています!

Licensed material used with permission by _一般社団法人九州オリーブ普及協会

関連記事リンク(外部サイト)

結婚前に、男性としてこれだけは「経験しておくべき」こと6つ
トップCAが教える、「さりげない接遇」の8つのヒント
社交的で、正義感が強い!てんびん座の女性「10の魅力」

TABI LABO
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP