ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

娘を虫歯にしてしまった!歯みがきは楽しめていたのに、一つだけ良くない習慣が…

DATE:
  • ガジェット通信を≫
f:id:akasuguope01:20160223195924j:plain

早いお子さんは生後7ヶ月頃から歯が生え始めるそうですが、わたしの娘の場合は11ヶ月になってからでした。

まずは下の前歯から、次に上の前歯と少しずつ生えてくる娘の歯。

小さな歯が生えそろっていくのを見るのは、娘の成長を感じられてとてもうれしかったです。

「毎日しっかりみがいて、むし歯予防しないとね」

歯が生え始めた当初は、娘の小さな新しい歯を大切にしよう!と意気込んでいたのを覚えています。

毎日欠かさなかった歯みがき。

そのうち娘が自分でしたがるようになりました。

「こうやってシャカシャカってやるんだよ」

と教えると、ニコニコ笑いながら歯ブラシを上下左右に動かします。

娘がある程度やって満足したら、最後は歯ブラシにジェル状の歯みがき粉をつけてわたしが仕上げみがき。

娘は歯ブラシを嫌がることなく、毎日の歯みがきタイムを楽しんいる様子でした。

ところが娘が1歳5ヶ月の頃。

「あれ?これってもしかして・・・」

右上の前歯のところに、他の歯の色とは違う白い部分を発見したのです。

すぐに「むし歯」という言葉が頭をよぎりました。

娘は1歳ちょうどで断乳

お茶や水を一切受け付けてくれず、断乳後すぐにひどい便秘になってしまいました。

そこで、水分補給のために飲ませることが多くなってしまったのが果汁100%のジュース。

夜泣きの時も、早く泣き止ませたい一心でジュースを与えることが増えました。

気がつけば、娘はジュースしか飲まないように!

「あぁ…むし歯にしてしまったのはわたしだ」

原因を自覚して気が重い中、わたしは意を決して歯医者さんに予約をしました。

娘にとっては初めての歯医者。

さっそく先生に娘の歯を診ていただきます。

やはり白い部分は、初期のむし歯とのこと。

先生は普段の食生活や歯みがきについて、わたしに1つずつ尋ねてきました。

「歯みがきはきちんとしていますか?」

「はい、毎日必ず1~2回はするように心がけています」

「オヤツは1日何回食べさせていますか?」

「ごはんをよく食べてくれるので、オヤツは一切与えていません」

「何か甘いものを与えることはありますか?」

それまでハキハキと答えていたわたしでしたが、この質問が出た途端すっかり固まってしまいました。

「実は・・・」

わたしは先生に、ジュースを頻繁に与えるようになった経緯と現状を詳しく説明しました。

「夜泣きした時もジュースですか・・・むし歯の原因は明らかにそれですね」

やっぱりと思うと、胸がズキズキ痛みました。

良くないと分かっていながら、自分が楽になりたくてジュースで娘のご機嫌を取っていたわたし。

先生に直接言われて初めて、心の底から自分を責めました。

とにかくまずは、夜のジュースをやめてくださいとのこと。

わたしは娘のこれからのために、心を鬼にしてジュースをあげるのをやめることにしました。

あれからもう少しで半年。

今でも定期的に歯医者さんに通ってフッ素をぬってもらったり、歯みがきの練習をさせてもらったりしています。

娘は歯みがき自体はやはり好きなようで、相変わらず楽しそうにシャカシャカ!

1日に飲むジュースの量はぐんと減り、今ではジュースがなくても自然と寝てくれるようになりました。

食への意識や歯みがきへの意識を変えるきっかけとなった初めての歯医者。

早めに走って本当に良かったです。

f:id:akasuguedi:20160316220639j:plain

著者:NeNE-P

年齢:30代

子どもの年齢:1歳

音楽と英語に囲まれて楽しく子育て中。おてんば娘の笑顔がわたしの原動力!

現在、音楽クリエーター&フリーライターとして活動中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

まるでピンポン玉!赤ちゃんのおへそが大変なことに?!その正体は「臍ヘルニア」
頭の形が普段と違う…?!生後5ヶ月の高熱、医師の言葉にパニック!驚きの原因は
小さな手に点滴を繋がれた姿に、夫も私も涙…40度越えの高熱で9ヶ月の息子が入院

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。